【たぐち珈琲豆店】2021年9月の【今月の珈琲・10%OFF】

たぐち珈琲豆店からお得なお知らせです。

【今月の珈琲・10%OFF】と【今月の珈琲セット】

【今月の珈琲・10%OFF】ブラジル フルッタ・メルカドン アナエロビック

フルッタメルカドンの中でも激レアなアナエロビックロット

生産地:ブラジル セラード サンタ・カタリーナ農園
栽培品種:カトゥアイ
精選方法:ナチュラル(アナエロビック・ファーメンテーション)

「試験的に作ったアナエロのフルッタがあるんだけど」
こんなオファーを受けたら買わないワケにはいかないでしょう。すぐさまテストしてみると・・・フルッタなのに通常のフルーツ感ではない。これがアナエロビックによるフレーバーとは。目立つフレーバーではありませんが、通常のフルーツフレーバーに加えて、明らかに通常の精選・発酵工程では感じられないものがあります。結果としてフルーツフレーバーをより際立たせ、厚みのある立体的なカップとなっています。生産は安定のサンタ・カタリーナ農園。栽培品種は店主イチオシのカトゥアイ。そして精選はナチュラルなのにアナエロビックという不思議なプロフィールのコーヒーになります。

【メーカーインフォ】
フルッタ・メルカドンは、ポルトガル語で「果物市場」という直訳ですが、特別なフレーバーという意味でもあります。その特別なフレーバーを求め、年に1度の収穫には準備をした何通りもの実験を試み繰り返しました。
4年ほど前より安定してフルーティーなフレーバーを、ある程度計画的に作り出すことができるようになり、2017年度産のテスト的に作られたマイクロロットがその秀逸な香味から大評判となり、2018年度産からは4人の生産者に協力を依頼して本格的な販売に踏み切りる事となりました。
製造工程については現在企業秘密として扱っており、お答えできなくてすみません。最初は香草やジュースと一緒にタンクに入れるなどの発想も試みておりますがフレーバーを変えることは出来ませんでした。
また、数種類の酵母を使って何通りかの実験をしました。結果、考えられない香りを放った天然酵母に的を絞りました。たまたま来社中だった取引先の方に飲んでいただき、「恐ろしい」とまで言われました。
例えば酵母培養温度や時間が種類によって異なるように酵母が現地の環境に適した結果だったかもしれません。最終的には特に何を添加するわけでもなく、フレーバーが良くなる環境を作り天然酵母の作用を促しました。どんなに頑張っても偶然出来た天然酵母の時の衝撃が忘れられません!「夢は通常の5倍の香りを放つコーヒーです。」

【アナエロビックとは】
今やスペシャルティコーヒーのスタンダードになりつつある、アナエロビック。コーヒー生豆の発酵方法の一つであり「嫌気性発酵」を意味する。密閉された発酵槽やタンクの中で、無酸素状態でコーヒーを発酵させることを指します。これによって有酸素状態では活動しない微生物が活動し、独特のフレーバーが生まれます。また、密閉することでコーヒーに影響を与える外的要因を減らし、発酵槽内の温度をコントロールする装置と組み合わせることで、クオリティを安定させることも可能。

#フルーツとワインの詰め合わせ


【今月の珈琲セット】
2021年9月はホットコーヒーでもアイスコーヒーでもオススメ!ブラジル フルッタ・メルカドン アナエロビックとたぐちプレミアムブレンドのセットになります

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

トピックストップへ戻る