珈琲人名鑑

西洋文化の玄関口・横浜で
コーヒー文化の普及に貢献

鈴新商店代表取締役 鈴木明平

西洋文化の玄関口となった港町、横浜。鈴新商店は随一の繁華街・伊勢佐木町に店を構え、街の繁栄とともに成長してきた。国内で先駆けて導入したプロバットの焙煎機を使用して今なおコーヒーを作る、2代目社長の鈴木明平氏にそのこだわりを聞いた。

洋食文化の広がりとともにコーヒーの卸が急増

鈴新商店は、ミカドヤ商店(現キャラバンコーヒー)に勤めていた現社長の父・鈴木和平氏が、自家焙煎コーヒーと外国食品を扱う店を開いたことに始まる。1937年、創業の地として選んだのは、貿易が盛んになり始めていた横浜の伊勢佐木町。和平氏は西洋文化と海外食品の広まり見て「日本にも洋食の時代が来る」と予想。食後に飲まれるコーヒーを作る自家焙煎コーヒー店を始めた。

当時、横浜に各国の大使館・公使館があり、そこへコーヒーや輸入食品を納めていた。その後、大型船で腕をふるっていたシェフたちがリタイアして、洋食店を開業する流れがあり、より多くの注文が入ったという。

横浜らしさが光る、ヨーロッパ風のモダンな店

1972年、現社長の明平氏が鈴新商店に入社すると同時に店舗をリニューアル。店頭ではデンマーク製のミルを導入し、お客様からの要望があればコーヒーを粉に挽いて販売した。また、ワインやウイスキー、パスタ、ジャムなど輸入食材を強化し、当時は珍しい海外ブランドのカップ&ソーサーも揃えた。鈴新商店はモダンな商品ラインアップが支持され、他にはないハイカラな店として多くのお客様が訪れるようになった。

その後、同店は現在店を構える吉野町に移転したが、店のアイコン的存在でもあるデンマーク製のミルは現役。店頭では、ブレンドやシングルオリジンなど20種類のコーヒー豆を販売し、50年以上の付き合いになる横浜市内の喫茶店に、変わらぬ味わいのブレンドを卸している。

テスト焙煎した直後と数日後、2度にわたって味を確認

美味しいコーヒーとは「もう一杯飲みたくなるコーヒー」と語る明平氏。昭和の時代はグレードの低い生豆が流通の大半を占めていたが、レストランなどの取引先は「価格ではなく味」を重視していたため、同店では創業以来アラビカ種を中心とした高品質の生豆だけを仕入れてきた。

父の代から長年取引している商社を通じて受け取ったサンプル、とりわけこれまでに扱ったことがない生豆を仕入れる際は、直火式小型焙煎機でテスト焙煎を行う。焙煎する前に生豆の色味や大きさの均一性を確認。焙煎をした後は、コーヒー豆の色やつや、膨らみ、香り、味などを見ている。さらに焙煎した2~3日後にもう一度味のチェックし、納得のいくものだけを買い付けている。

“親父から引き継いだプロバットで
高品質の生豆だけを焼いてきた”

世界で名機と謳われるプロバットを先駆けて導入

焙煎で使用しているのは、1958年に購入したドイツ製のプロバットだ。コーヒー焙煎において名機と称される焙煎機は、当時も今も高価なものだが、同社は日本で先駆けて導入。現在も明平氏の相棒として活躍している。

焙煎するときは、それぞれの生豆の持つ味わいや個性に合わせ、焙煎時間や温度を決め、焼き色を目で確かめながら丹念に焙煎していく。焙煎技術は父が焼いているのをそばで学んだ後、ひとりで繰り返し焙煎を重ねることで習得してきた。

長く続けてこられたのは「美味しい」の声に支えられたから

新規の取引先にオリジナルブレンドを納品する際は、納得いくまで、ブレンドの配合や焙煎具合、挽き目などを変え、何度も試作品を持参する。味が決定するまでに、何十回と卸先を訪れることもあるが、そうした長い道のりのなかで信頼関係を築き、相手が「この味だ」と認めた瞬間、この上ない喜びを感じるのだという。

西洋化していく社会の移り変わりを先読みし、横浜の発展とともに事業を拡大してきた鈴新商店。しかし明平氏は焙煎士として、経営者として、孤独と隣り合わせの日々に悩むことがあったという。そんなときに明平氏を支えたのは、「美味しい」と言うお客様からの声。50年以上取引を続ける喫茶店、そして店頭に買いに訪れるお客様のため、明平氏はこれからも愛機プロバットとともに丹念な焙煎を続けていく。

Product商品詳細

鈴新商店コロンビア スプレモ

(200g)1,093円(税別)

  • 価格は取材時点のものになります

父の代から受け継いだプロバットで焙煎する、コロンビアのストレート。飲みやすく、マイルドな味わいになるよう中煎りで焙煎。フルーティな酸味と甘い香りが楽しめる。香りと後味の良さにこだわり、焙煎したてのフレッシュなものだけを販売している。

Company会社情報

会社名 鈴新商店
住所 232-0012 神奈川県横浜市南区南吉田町3-36 
電話 045-251-4875
FAX 045-251-4875
営業時間 9:00〜19:00(平日)、10:00〜18:00(土、祝日)
定休日 日曜日
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE