クリスタルマウンテンとは?水晶が採れる場所で栽培される高級な味わいのコーヒー

クリスタルマウンテンとは、キューバのエスカンブライ山脈で栽培されている最高等級コーヒー豆のこと。この記事ではクリスタルマウンテンのことや生産国であるキューバのコーヒー豆のこと、美味しい淹れ方についても紹介しています。クリスタルマウンテンのことを知りたい人や飲んでみたい人はぜひチェックしてみてください。

1.クリスタルマウンテンとは

まずはクリスタルマウンテンの産地や由来、クリスタルマウンテンに分類される条件を解説します。

クリスタルマウンテンの由来

クリスタルマウンテンが栽培されているエスカンブライ山脈は、水晶の産地としても有名な山脈です。水晶の産地で栽培されているコーヒー豆のため、クリスタルマウンテンと呼ばれています。

クリスタルマウンテンの条件

エスカンブライ山脈で収穫される生豆のすべてが、クリスタルマウンテンになるわけではありません。クリスタルマウンテンの産出国であるキューバでは、生豆の大きさによって等級分けが行われています。スクリーンサイズ(生豆の大きさ)が16以上はAL、17以上はTL、18以上はETLと分類。クリスタルマウンテンはETLよりも厳しい規格で選別されています。

2.クリスタルマウンテンの生産国キューバのコーヒーについて

クリスタルマウンテンはキューバで生産されています。しかしキューバがどのような国なのか知らない人も多いのではないでしょうか。ここではキューバのコーヒーの歴史や栽培環境、収穫方法、クリスタルマウンテン以外のブランドを解説します。

キューバのコーヒーの歴史

キューバのコーヒーの生産は、1740年代後半にスペインのドン・ホセ・ヘラベルトがハイチから持ち帰ったコーヒー苗を、ハバナの近郊に植えたのが始まりとされています。

栽培環境

キューバでは国全体でコーヒー豆の生産を行っています。オリエンテ州やサンタクララ州などが主な生産地です。これらのエリアは標高350~500mほどですが、日中と夜の気温差が10度ほどあるため、コーヒーの実が引き締まり美味しいコーヒー豆になります。

クリスタルマウンテンを栽培しているエスカンブライ山脈は標高約1,000mです。エスカンブライ山脈も日中と夜の気温差が10度以上あることも。年間降水量が1,990mほどあり、5月〜10月までが雨季、11月〜4月は乾季と、気候もはっきりとしています。

山の斜面で栽培しているため日照量も適量です。土壌には有機物が5%も含まれており、コーヒーノキを栽培するのに適した環境と言えるでしょう。しかしキューバはカリブ海の中心に位置しているため自然災害が多く、生産量が安定しないという問題も抱えています。

収穫方法

クリスタルマウンテンのコーヒーの実は、一つ一つ手摘みで収穫されています。収穫されたコーヒーの実は、水洗工場でパーチメントに。その後、清らかな水をふんだんに使用し、水圧のある流水で洗い流しています。そして天日干しをして乾燥させるのです。

クリスタルマウンテン以外のブランド

キューバにはクリスタルマウンテンの他にシエラ・マエストラとキューバTL(ツルキーノ)というブランドのコーヒー豆があります。シエラ・マエストラはキューバ最大のシエラマエストラ山脈で収穫されるコーヒー豆です。キューバコーヒーのルーツとも言われています。酸味や苦味、甘味のバランスが良く、マイルドでさわやかな味わいが特長です。

キューバTL(ツルキーノ)のTLは等級サイズのこと。まろやかな苦味とほんのりとした甘味が特長です。

3.クリスタルマウンテンの特長

クリスタルマウンテンは、キューバのコーヒー豆生産量の3%ほどしかありません。そのため希少価値が高いのです。希少価値のあるクリスタルマウンテンの色や大きさ、風味などの特長を紹介します。

形の整ったエメラルドグリーン

クリスタルマウンテンの生豆はエメラルドグリーンのような色です。スクリーンサイズが18以上なので、コーヒー豆のサイズが大きいのも特長。生豆の形も整っています。

クリアな味わい

クリスタルマウンテンはほのかに酸味があり、まろやかなコクと甘味があとから口いっぱいに広がるコーヒーです。ナッツのような香ばしさもあります。クリアでクセのない味わいでさっぱりとしていて飲みやすいです。

4.クリスタルマウンテンの美味しい淹れ方

クリスタルマウンテンはペーパードリップやネルドリップ、フレンチプレスで淹れるのがおすすめです。クリスタルマウンテンの美味しい淹れ方と、淹れ方による風味の特長を紹介します。

ペーパードリップ

クリスタルマウンテンのすっきりとした味わいを楽しみたい時には、ペーパードリップでの抽出がおすすめ。ハイローストに焙煎して淹れると、クリスタルマウンテンのバランスの良い風味が味わえるでしょう。ペーパードリップで抽出する時に用意するものや手順を紹介します。

【用意するもの】
・中挽きのコーヒー粉
・ドリッパー
・ペーパーフィルター
・サーバー
・電気ケトルまたはやかん
・ドリップケトル
・コーヒーカップ

【手順】
1.電気ケトルや、やかんでお湯を沸かし、沸騰したらサーバーにお湯を入れてサーバーを温める。(これをすると90度くらいの適温になります。)
2.サーバーに入ったお湯をドリップケトルに移す。
3.ドリッパーにペーパーフィルターをセット。
4.フィルターにコーヒー粉を入れて、軽く揺らし、平らにする。
5.サーバーの上にセットしたドリッパーを置く。
6.コーヒー粉の上に、内側から外側へ「の」の字を描くイメージで、少しお湯を注ぎ30秒ほどしっかりと蒸らす。
7.コーヒー粉の膨らみを確認後、「の」の字をイメージしながら3回に分けて細くゆっくりとお湯を注ぐ。(蒸らし開始から抽出完了までは3分が目安です。)
8.サーバーからカップに注いだら完成です。

ネルドリップ

クリスタルマウンテンはネルドリップでの抽出もおすすめです。ネルドリップとはネルという素材の布のフィルターを使ってコーヒーを抽出すること。まったりとした口当たりで、より甘味が感じられます。焙煎度はミディアムまたはハイローストが良いでしょう。ネルドリップを抽出する時に用意するものや抽出の手順を紹介します。

【用意するもの】
・中挽きのコーヒー粉
・ネルフィルター
・ネルフィルターを取り付けるハンドル
・ネルドリップ用のサーバー
・電気ケトルまたはやかん
・ドリップケトル
・コーヒーカップ

【手順】
1.ネルを水洗いして、しっかりと水気を取る。
2.ハンドルにフィルターをセットする。
3.あとの手順はペーパードリップと同じです。

フレンチプレス

クリスタルマウンテンの風味をダイレクトに楽しみたい人には、フレンチプレスでの抽出がおすすめ。焙煎度はミディアムローストで、粒度は粗挽きや中細挽きが良いでしょう。フレンチプレスで抽出する時に用意するものと抽出の手順を紹介します。

【用意するもの】
・粗挽き〜中細挽きのコーヒー粉
・フレンチプレス
・シャフト(ふた)
・電気ケトルまたはやかん
・スプーン
・コーヒーカップ

【手順】
1.電気ケトルまたはやかんでお湯を沸かす。
2.フレンチプレスにお湯を入れ、シャフトをセットして温める。
3.温めたお湯を捨て、適量のコーヒー粉とお湯を入れる。(お湯はできるだけ勢いよく注ぐのがポイントです。)
4.スプーンなどで数回ほどかき混ぜて、コーヒー粉とお湯をなじませる。
5.シャフトをセットして4分ほど置く。(フィルターを下ろさないように気を付けてください。)
6.4分が経過したら、フィルターをゆっくりとプレスする。フィルターがサーバーの底につかない程度でストップします。
7.コーヒー粉が入らないようにコーヒーカップに注いだら完成。

5.クリスタルマウンテンの高級な味わいを楽しもう

クリスタルマウンテンはキューバのコーヒー生産量の3%ほどしか満たないほど、とても希少価値の高いコーヒーです。日本人好みの風味なので、少ない流通量ではあるものの日本では愛飲者もいます。クリスタルマウンテンは淹れ方によって風味が異なるので、それらを飲み比べてみるのも楽しいでしょう。クリスタルマウンテンの高級な味わいをお楽しみください。

【おすすめ記事】

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

コーヒーコラムトップへ戻る

珈琲人名鑑