コーヒーゼリーを楽しみつくす。作り方から好相性の組み合わせまで

コーヒーの香ばしい香りと、ふんわりと広がる、まろやかな甘さが口の中に広がる、ついつい食べたくなるスイーツ「コーヒーゼリー」。今回は、お家で気軽に楽しみたい基本のレシピから、パーティーなどのイベントで振る舞えそうなコーヒーゼリーのアレンジレシピも紹介するので、みなさんもぜひ、お家でコーヒーゼリーを作ってみてくださいね。

1.コーヒーゼリーを手製で楽しむ

ほどよい甘さのコーヒーゼリーは、コーヒーが苦手な方でも、そして甘いものが苦手な方でも食べやすいスイーツですよね。今回は、自宅でも簡単にコーヒーゼリーを作ることができるレシピや、コーヒーゼリーのアレンジ方法を紹介します。

2.手作りコーヒーゼリーの材料(2人分)

インスタントコーヒー…大さじ2杯
水…大さじ2杯
お湯…500ml
砂糖orシロップ…大さじ3杯(お好みで調整してください)
ゼラチン…10g
トッピング…牛乳、生クリーム、コーヒーフレッシュなど

コーヒーゼリーに使うコーヒーは基本的にお好みでOKですが、初めて作る方は、濃さを調整しやすい「インスタントコーヒー」がおすすめ。ドリップ用のコーヒーで作るときは、深煎りのものを苦めに抽出すると、コーヒーゼリーでもコーヒー本来の味を楽しむことができます。

またゼラチンの代用として、お好みで、歯切れがいい「寒天」や、なめらかな食感の「アガー」を使うこともおすすめです。

3.簡単で美味しいコーヒーゼリーの作り方

3-1.ゼラチンをふやかす

まずは、大さじ2杯の水を入れたボウルの中に、ゼラチンをいれてふやかします。このとき、ゼラチンを大量に入れてしまうと、ゼラチン全体に水が行き渡らずにうまくふやけないことがあります。ゼラチンがダマにならないように少しずつ水の中にふりかけましょう。

3-2.材料を火にかける

お鍋にお湯を入れ、沸騰させます。沸騰したら火を止め、コーヒーと砂糖、ふやかしたゼラチンを入れます。泡を作らないようにゆっくりとかき混ぜるのが、綺麗なコーヒーゼリーをつくるポイントです。

3-3.粗熱をとったら冷蔵庫へ

3.2をカップなどの入れ物に移し、粗熱を取ったら、しっかりとコーヒーゼリーを固めるために冷蔵庫で3時間程度冷やします。

3-4.出来上がり!お好みの盛り付けを

コーヒーゼリーがぷるぷると固まったら出来上がり!仕上げに、生クリームやアイスをトッピングして食べてみてくださいね。さらに、クリームの上にミントを乗せて彩りを添えれば、カフェで食べるようなおしゃれな雰囲気に。

4.コーヒーゼリーに合わせてアレンジ!

4-1.コーヒーフレッシュをプラスしてマイルドに

コーヒーの苦みが得意ではない方は、コーヒーゼリーの上にコーヒーフレッシュをかけてマイルドな味を楽しんでみてくださいね。甘さを足したかったら練乳も一緒にかけるのがおすすめ!

4-2.ホイップクリームやアイスを添えて見栄え良く

友人や家族にコーヒーゼリーを振る舞いたいなら、生クリームをトッピングして特別感を演出。バニラアイスも乗せて、より豪華で、ボリュームも満足感のあるデザートに。

4-3.シリアルをプラスして食感を楽しむ

コーヒーゼリーとシリアルを組み合わせる時は、牛乳をかけて。コーヒーゼリーのやわらかさに、シリアルの歯ごたえがプラスされることで、食感をより楽しむことができます。

4-4.マスカルポーネの風味が効いた、ティラミス風コーヒーゼリー

ちょっとリッチな大人のコーヒーゼリーを楽しみたい方には、マスカルポーネのチーズでひと工夫。マスカルポーネチーズにグラニュー糖を混ぜて泡立てたものを添えれば、なめらかなティラミス風コーヒーゼリーの完成です。

(まとめ)自分好みのコーヒーゼリーでホッとするデザートタイムを

今回は、大人も子供も、コーヒー好きも苦手な人も楽しめそうなスイーツ、「コーヒーゼリー」のレシピを紹介しました。作り方もシンプルなので、お菓子作り初心者さんにもおすすめですよ。また、使うコーヒーや、トッピングをアレンジして、さまざまコーヒーゼリーを楽しめるのも魅力のひとつ。ぜひ、自宅でおいしい自分好みのコーヒーゼリーを作ってみましょう。

【おすすめ記事】

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

コーヒーコラムトップへ戻る

珈琲人名鑑