コーヒー×ケーキで素敵なティータイムを

ティータイムに、温かいコーヒーとケーキの組み合わせはまさに至福のひと時。コーヒー好きの方であれば、コーヒーに合うお気に入りのケーキがある方も多いのではないでしょうか。ここでは、コーヒーとケーキのおすすめの組み合わせをご紹介します。ぜひ、ティータイムでのコーヒーのお供の参考にしてください。

1.コーヒーの焙煎度とケーキの相性

コーヒーとケーキの食べ合わせで見逃せないのは、コーヒーの焙煎度。コーヒーの焙煎度によってコーヒーの味や香りが変化するため、相性の良いケーキも変わります。

1-1.コーヒーの焙煎度

コーヒーの焙煎度とは、いわゆるコーヒー独特の香りや風味を生むためにおこなう焙煎の度合いのこと。コーヒーの生豆はもともと淡緑色をしており、そのままでは味も香ばしさもほとんどありません。

生豆を煎ることでコーヒー豆は茶褐色へと変化し、コーヒー豆に含まれる成分が、香りや苦み、酸味、甘味などの独特の風味を生み出します。焙煎時間の長さや熱のかけ方によって、コーヒー豆の風味が変化し、一般的には8段階の焙煎度に分けることができます。

・段階に分けた焙煎度
浅煎り
ライトロースト、シナモンロースト
中煎り
ミディアムロースト、ハイロースト、シティロースト
深煎り
フルシティロースト、フレンチロースト、イタリアンロースト

それぞれの段階によってコーヒー豆の風味に特徴があり、基本的には浅煎りは酸味が強く、深煎りは苦みが強くなっています。

1-2.浅煎りコーヒーと相性の良いケーキ

浅煎りコーヒーの特徴は酸味が強く苦みが弱いこと。そのため、コーヒーの持つ酸味を活かせる味のケーキがおすすめです。酸味を持った食べ物との相性がいいため、フルーツやドライフルーツを使ったケーキやさっぱりとした焼き菓子、フルーツジャムなどを使ったケーキとも相性抜群です。

また、浅煎りのコーヒーは口の中をさっぱりとさせることもできますので、チーズやクリームなどを使ったケーキと一緒に楽しむのもおすすめ。チーズやクリームで、もったりとなった口の中をさっぱりとさせ、最後までケーキをおいしく食べることができます。

浅煎りコーヒーと相性の良いケーキの特徴
・酸味の持った果物を使ったケーキ
・チーズやクリームなどの少し重めのケーキ

1-3.中煎りコーヒーと相性の良いケーキ

中煎りコーヒーは、浅煎りと深煎りの中間の風味。酸味と苦みのバランスも良く、万人に好まれやすい焙煎度です。味のバランスが良いため、さっぱりとしたフルーツ系のケーキや、少し重たいクリーム系との相性もばっちりです。

また、シュークリームやミルフィーユなどのカスタードクリームを使ったケーキともよく合います。焼き菓子なども、バターの風味との相性が良いためおすすめです。

中煎りコーヒーと相性の良いケーキの特徴
バランスが良く、どんなケーキともよく合います。特にカスタードクリームを使ったケーキとの相性は抜群。さらに、ドライフルーツなどの焼き菓子もフルーツの酸味との相性が良くおすすめです。

1-4.深煎りコーヒーと相性の良いケーキ

深煎りコーヒーの特徴はこく深い苦み。酸味をほとんど感じないのも特徴で、カフェオレに深煎りコーヒーを使うとこく深い味わいを楽しむことができます。深煎りコーヒーに合うケーキは、濃厚なクリーム系やチョコレート系。

また、ベリー系の甘酸っぱいものであればフルーツケーキともよく合います。甘い生クリームを浮かべたウインナーコーヒーや、バニラアイスにエスプレッソを注いで味わうアフォガードなどにもおすすめです。

深煎りコーヒーと相性の良いケーキの特徴
濃厚なケーキと合わせることでお互いが調和しさっぱりと味わえます。また、カフェオレやウインナーコーヒーなどのミルク系との相性もばっちり。

2.コーヒーと相性が良いケーキ

コーヒーのお供と言えばおいしいケーキは欠かせません。コーヒーと一緒に楽しむのにおすすめのケーキを選んでみました。浅煎り、中煎り、深煎りのどのコーヒーに合うのかもご紹介しています。

2-1.定番のおいしさ!イチゴのショートケーキ

ケーキと言われてはじめに頭に思い浮かべるケーキは、やはりイチゴのショートケーキではないでしょうか。バースデーケーキやクリスマスケーキなどの定番としても日本人に愛されているケーキです。

実はこのケーキは日本生まれ。日本人の口にあうように作られているため、これだけのベストセラーになったのだと考えられます。濃厚な生クリームと甘酸っぱいイチゴの取り合わせが最高のケーキです。フルーツの酸味も濃厚なクリームも楽しめますので、浅煎りから深煎りまで、すべてのコーヒーとの相性も抜群です。

2-2.さっぱり系から濃厚系まで充実!チーズケーキ

チーズケーキも定番ケーキのひとつですが、大きく分けて3つの種類に分けることができます。ひとつは「ベイクドチーズケーキ」。ベイクドには日本語で「焼く」という意味があり、オーブンで焼いたチーズケーキはどっしりとして食べ応えがあるのが特徴です。

「スフレチーズケーキ」は、ベイクドチーズケーキで使う生クリームをミルクに変えて湯煎焼きにすることでふわっとした生地に仕上げています。このスフレチーズケーキも実はイチゴのショートケーキと同様に日本発祥のケーキ。

最後は生クリームとクリームチーズを混ぜて冷やし固めた「レアチーズケーキ」。上記の二種類のケーキと比べてチーズ本来の味が強いため、酸味が強いのも特徴です。チーズケーキは酸味があるため、酸味のある浅煎りや中煎りのコーヒーと合わせるのがおすすめです。

2-3.パイ生地とカスタードクリームを何層にもサンド!ミルフィーユ

サクサクのパイ生地と濃厚なカスタードクリームを合わせて作った「ミルフィーユ」。何層にも織り込まれたパイの心地よい歯ごたえと、カスタードクリームの甘さがたまらない人気のケーキです。

ケーキでありながらオーブンでしっかりと焼き上げられたパイ生地は焼き菓子のような香ばしさを感じることもできます。そんなミルフィーユには、カスタードクリームとの相性ばっちりの中煎りコーヒーがおすすめです。

2-4.濃厚チョコレートがたまらない!フォンダンショコラ

濃厚で口どけのよいチョコレートをたっぷりと使用して作る「フォンダンショコラ」。冷めたまま食べてもトロッとした濃厚なチョコレートの味を楽しめますが、温めることで中のチョコレートが溶け出して、より一層おいしく食べることができます。

濃厚でカカオの香り豊かなフォンダンショコラは、チョコレート系との相性ばっちりの深煎りコーヒーと一緒に楽しみましょう。フォンダンショコラのコク深い甘味と、深煎りコーヒーのこく深い苦みとの相性がばっちりです。

2-5.フルーツがぎゅっとつまった!フルーツパウンドケーキ

ドライフルーツやお酒に漬け込んだ果実を詰めこんでふんわりと焼いた、やさしい甘さの「フルーツパウンドケーキ」。パウンドケーキのほんのりとした甘さとドライフルーツの酸味が相性抜群の大人のケーキです。

やさしい甘さのパウンドケーキとコーヒーの苦みの相性は抜群。酸味の強い浅煎りコーヒーとドライフルーツの酸味も合いますし、ベリー系の甘酸っぱいフルーツを使っているものであれば深煎りコーヒーと合わせるのもいいでしょう。

3.コーヒーとケーキで素敵なティータイムを

コーヒーとケーキの食べ合わせは、焙煎度が大きく関わってきます。コーヒーに合うケーキを選ぶ際には、そのケーキ自体のおいしさだけでなく、一緒に飲むコーヒーの焙煎度にもこだわると、より一層おいしいケーキが楽しめます。ぜひケーキ選びの参考にしていただき、素敵なティータイムを過ごしてください。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

コーヒーコラムトップへ戻る

珈琲人名鑑