コーヒーソーサーの使用目的とマナーを解説。選ぶポイントは?

ホットコーヒーや紅茶を飲む時に使うカップには、ソーサーがセットになって販売されている商品も多いですよね。自分ひとりで使う分にはソーサーは不要だけど、お客様をもてなす時には使用するという人もいるのでは?なくても事足りる気がするソーサー、実は大事な役割が隠されていたんです。ソーサーの歴史と選び方を紹介します。

1.ソーサーとは?

飲み物を飲むためのカップはその目的が明確ですが、ソーサーは何のためにあるのでしょうか。カップを上品に見せるためのアイテム?いえいえ、実はソーサーこそが主役だったのです。ソーサーの歴史からその意義を解説します。

ソーサーの歴史

ソーサーとは、カップを置く受け皿のことです。カップとソーサーの組み合わせ誕生は17~18世紀と考えられていますが、正確な時期はわかりません。コーヒーは16世紀頃、紅茶は17世紀頃にヨーロッパへと伝わりましたが、その時にはまだカップとソーサーの組み合わせはなかったことになります。

そもそも、磁器の発展は中国や日本などのアジア圏のほうが早く、西洋ではそれらを真似て茶器が作られました。ヨーロッパで初めて磁器を研究し、硬質な磁器の焼き上げに成功したのが、ドイツのマイセンです。その誕生が1710年ですから、ソーサーが誕生したのはその後と考えられます。

カップとソーサーの形状や使用方法は、現代と大きく異なっていたとされます。まず、初期のカップには取っ手がありませんでした。そして、カップの飲み物をソーサーにあけて飲んでいたとされます。これは、ホットドリンクを冷まして飲むためだったと言われており、ソーサーはカップの容量にあわせて大きかったり深かったりと、十分な容量があったようです。

ソーサーの使い方の変化

カップから飲み物を移し、飲む器としての存在意義があったソーサー。その飲み方は1900年代初頭まで続いたとされます。洋食器は、スープをスープ皿で飲むことからわかるように皿が基本の形状で、椀に馴染みがありませんでした。こうした慣習も、ソーサーに飲み物を移す飲み方の背景だったようです。

しかし、次第に野蛮な飲み方であると非難されるようになりました。取っ手のついたカップは既に登場していましたがこちらが主流となり、カップに口をつけて飲むのがスタンダードなスタイルになります。

飲む器という存在意義を失ったソーサーには深さが不要となり、浅くて平たい皿へと変化しました。さらに、カップの据わりが良いようにくぼみがついたソーサーも増え、もともとは飲み物を移していたという歴史がわからないほどに変化したのです。

現代のソーサーの意義

現代は、食器屋の店頭でカップのみを見かけることも多いですよね。しかし、洋食器の基本マナーから言うと、マグカップを除いてカップとソーサーは必ずセットです。

使用の目的は飲むためから変化し、コーヒーや紅茶に入れる砂糖やミルクをセットにして提供するためのお皿になりました。
また、ティースプーンを使用した後の置き場所に困ることがありませんか?そんな時もソーサーがあればティースプーンを置いておくことができ、テーブルなどを汚さずに済むという機能があります。

基本的マナーや機能面からいっても、お客様にはカップとソーサーをセットでお出しするのが望ましいです。お店によっては、大きめのソーサーを使用してお茶菓子を添えるところもありますよ。

さらに、ソーサーにはさまざまなデザインがあり、カップやテーブルに彩りを添えるのもソーサーの重要な役目となっています。

2.ソーサーの使い方とマナー

ソーサーを使用するにあたって、知っておくとスマートなマナーがあります。ポイントは、カチャカチャと音がならないこと。ソーサーにまつわるマナーを紹介します。

ソーサーへのスプーンの置き方は?

ソーサーにスプーンを乗せてお客様に出す時、スプーンをどこに置いたら良いか迷った経験がある人も多いと思います。

スプーンはカップの前に置いてお客様に出します。スプーンは砂糖やミルクを混ぜるために使いますが、カップの奥に置かれていると、使おうと思い手前に持ち上げた時にカップにぶつかり音をたててしまうためです。

反対に、使ったスプーンはカップの後ろに置きます。今度は飲むためにカップを手前に持ち上げますが、カップの前にスプーンがあるとぶつかってしまいます。ソーサーに置く時も音をたてないのがマナーです。

カップの取っ手の向きは?

カップの取っ手を右向きにしたら良いか左向きにしたら良いか、これも多くの人が悩んだことがあるでしょう。結論から言うと、特に決まりはありません。

喫茶店などでは、右手で取っ手を持つ人が多いので最初から右向きで置く店もあれば、砂糖やミルクを入れてかき混ぜる時に左手で取っ手を抑えるので左向きに置く店もあります。

実は、混ぜる時は両手を揃えるのがマナーです。これに則れば、取っ手は左向きにした方がよさそうですね。

ソーサーは持つべき?

ソーサーを持つかどうかについて、こちらも明確な決まりはありません。

一般的に、ソファでコーヒーを飲んだり、立食で使用したりという場合は、ソーサーを持つようです。ダイニングテーブルなどで使用し、ソーサーと自分の距離が近い場合にはカップだけを持ちます。これは、皿は持たないことが大前提の西洋テーブルマナーで、例外的に広まった習慣のようです。特に立食は不安定でカップの飲み物がこぼれる可能性もありますので、ソーサーがあると安心ですね。

そのほかのマナーポイント

カップの向きによってデザインの見え方が変わる場合があります。スプーンを置くことでソーサーのデザインが見えなくなる場合もあります。デザインをお客様にむけて置くのもマナーなので、臨機応変に置き方を変えましょう。茶道の世界でも茶器の優れた柄がお客様に見えるよう回転させますが、カップとソーサーでもデザインでのおもてなしは同様に重要視されています。

飲む時に注意したいのは、スプーンでの混ぜ方です。スプーンがカップにあたりカチャカチャと音が出るのはよくありません。カップに手を添え、スプーンがカップに当たらないよう中心のあたりを静かに混ぜましょう。角砂糖の場合は落とすとコーヒーがはねてしまいますので、スプーンに角砂糖を先に載せてからカップに入れると良いですね。

3.ソーサーを選ぶ時のポイント

ソーサーの用途や使い方がわかったところで、実際にソーサーを選んでみましょう。カップとセットで販売されている事がほとんどですから、カップの用途もポイントになります。選び方を紹介します。

コーヒー用か紅茶用か

ソーサーよりもカップに注目した選び方ですが、用途で選ぶのは大切です。

コーヒーは、冷めにくく香りをダイレクトに楽しめるよう円柱形のカップが適しています。飲み口は狭く、少し背が高いものが良いでしょう。

対して熱湯で入れる紅茶は、冷めやすように飲み口が広いタイプがおすすめです。適温になって飲みやすいだけでなく、紅茶の美しい色や広がる香りを楽しめます。

エスプレッソ用には、通常のコーヒー用カップの半分ほどの小さいサイズを選びます。お客様用には、エスプレッソ用と通常のコーヒー用カップの中間くらいが好まれるようです。

素材で選ぶ

カップとセットのソーサーは、カップと素材も同じことが多いです。ほとんどの商品が磁器ですが、ほかにも耐熱ガラス製や木製、樹脂性などさまざまな素材がありますよ。木製や樹脂製は軽くて使い勝手が良いですね。

長く使うカップとソーサーは、傷がつきにくいかどうかや食洗機で洗えるかなど、機能面を基準に素材を選びましょう。ソーサーではなくお皿として使用する場面を想定すると、電子レンジ対応が便利です。同じ磁器でも金銀装飾が施されていると食洗機や電子レンジに対応していない場合が多いので、デザインや商品説明をしっかり確認しましょう。

デザインで選ぶ

ソーサーのデザインも種類豊富です。無地のものから華やかな花柄や北欧風まで数多くあるので、たくさん見てお気に入りのデザインを見つけてください。楕円形のユニークなデザインでお茶請けの皿として使えそうなど、ソーサー以外の役割を果たしそうなものもあります。カップとセットだけでなく、単品としても幅広く使えないか考えると選ぶのがより楽しくなると思います。

お皿をソーサー代わりにできる?

ソーサーを皿として使用するのと反対に、皿をソーサーとして使用するのも良いですね。平たくてシンプルなデザインは、特にソーサーに合いそうです。ポイントは、カップのデザインとマッチすること。また、器の下にある高台部分が大きいとソーサーとして使用するには違和感があるので、高台部分がないか、非常に薄いものがおすすめです。

4.お気に入りのソーサーで美味しいコーヒータイムを

利便性だけでなく、テーブルコーディネートの大事な要素にもなるソーサー。カップと合わせて、気分が上がるようなお気に入りのアイテムを揃えたいですね。パン皿やスープ皿とセットになったフルコースのセットもあり、お客様をもてなす食事がさらに華やぎます。お気に入りのソーサーを見つけて、おしゃれなコーヒータイム、はじめてみませんか?

【おすすめ記事】

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

コーヒーコラムトップへ戻る

珈琲人名鑑