電気いらずのハンディエスプレッソマシンが便利!詳しい使い方やマシンの選び方を紹介

アウトドアでも自宅でも本格的なエスプレッソを気軽に楽しめるハンディエスプレッソマシンが人気です。でも、いざ購入するとなると、使い方やエスプレッソの味わいなど確認しておきたいことが色々ありますよね。この記事では、ハンディエスプレッソマシンの特長や使い方をわかりやすく紹介します。

1.ハンディエスプレッソマシンとは?

おうちでも本格的なエスプレッソドリンクを飲みたいとは思うものの、場所を取るエスプレッソマシンの購入にはためらいがある…...そんな方に支持されているのがハンディエスプレッソマシンです。でも、ハンディエスプレッソマシンとはどんなものなのでしょうか?

まずは、ハンディエスプレッソマシンとは何なのか、詳しく確認していきましょう。

電気を必要としないコンパクトなエスプレッソマシン

ハンディエスプレッソマシンは、その名の通り、手軽に扱えるコンパクトサイズのエスプレッソマシンのこと。

エスプレッソマシンと聞くと、コーヒー専門店やカフェにある業務用サイズや家庭向けに販売されている卓上サイズを思い浮かべる方も多いはず。一方のハンディエスプレッソマシンは、カバンに入れて持ち歩けるほど小ぶりなサイズ。小さいので場所を取らず、また価格もリーズナブルなので、誰でも気軽に手に入れやすいでしょう。

手軽に使えるサイズに加え、電気を必要としないのも大きなメリット。使う場所を選ばないので、屋内・屋外問わず、思いたったらどこでもエスプレッソを楽しめます。

ハンディエスプレッソマシンで淹れたエスプレッソの味は?

上からクレマ、ボディ、ハートの3層が美しく重なるのが、理想的なエスプレッソのスタイル。表面で黄金色に輝くクレマは甘みを、やわらかな色合いのボディはコクや風味を、一番下のもっとも濃いハートは芳醇な香りをもたらします。

エスプレッソで重要となる3つの層を生み出すには、マシンを使って高い圧力をかける必要があります。抽出に適した圧力を小さなエスプレッソマシンで再現できるのか、疑問に感じるかもしれませんね。

しかし、ハンディエスプレッソマシンでも抽出に適しているとされる9気圧をクリア。クレマの浮かぶ本格的なエスプレッソを作れると評判なのです。

2.ハンディエスプレッソマシンの使い方

ハンディエスプレッソマシンの良さは、どこでも気軽にエスプレッソを抽出できること。でも、どんな方法でエスプレッソを淹れられるのでしょうか?
それでは、ハンディエスプレッソマシンの使い方を具体的にお伝えします。

エアポンプでかけた圧力でエスプレッソを抽出!

メーカーによって少しずつ違いはあるものの、ハンディエスプレッソマシンで抽出に必要な圧力をかける方法は共通しています。

電気を使わないで高い圧力をかけられる秘密はエアポンプ。自転車の空気入れのようにポンピングを繰り返すことで圧力をかけていきます。付属の圧力計で適した圧力に達したのを確認したら準備完了。お湯とコーヒー豆をセットして、あとは抽出ボタンを押すだけでOKです。1回の抽出で、1杯分のエスプレッソ約30mlが入ります。

大きなエスプレッソマシンになると、圧力をかけている最中や抽出中にも大きな音を立てることがあります。しかし、ハンディエスプレッソマシンは音がほとんどしないので、早朝や深夜の時間帯でも気にせず使えます。

使えるコーヒー豆①カフェポッド

ハンディエスプレッソマシンで使うコーヒー豆には、大きく2タイプあります。

1つ目はカフェポッド。カフェポッドとはコーヒー粉の詰まったパックのことで、エスプレッソポッドもしくはコーヒーポッドと呼ばれることもあります。カフェポッドには世界共通の規格(カフェポッドシステム)があり、同じシステムを採用していればメーカーの異なるマシンでも使用できます。
カフェポッドにはすでにエスプレッソに適したコーヒー粉が入っているため、ポッド用のパーツにセットするだけで抽出可能。また、使用後はポッドごと取り出せるので後片づけもラクとメリットいっぱい。ただし、自分でコーヒー豆を準備するのに比べると、やや割高になる傾向があります。

なじみのない方には耳慣れないカフェポッドですが、世界の名だたるコーヒーメーカーのほとんどがカフェポッドを販売。ネットで簡単に購入できるのもいいですね。

使えるコーヒー豆②自分で用意したコーヒー豆

ハンディエスプレッソマシンで使えるコーヒー豆の2つ目は、自分で用意したコーヒー豆。

お好みのコーヒー粉を7~8gほどセットして、付属のタンパーで押し固めるようにして使います。自分の好きなコーヒー豆を使えるのでストレートもブレンドも思いのままですが、カフェポッドに比べると準備や後片づけに手間がかかります。

とは言え、タンパーを使ってエスプレッソを淹れるというバリスタさながらの所作は、ぜひ試したいところ。タンピング具合によってエスプレッソの出来が変わるのもお楽しみの一つです。

3.今すぐ手に入る!ハンディエスプレッソマシン

ハンディエスプレッソマシンの魅力がわかったら、すぐにでも手に入れたいと考える方も多いはず。でも、日本ではどんなマシンを手に入れることができるのでしょうか?

最後に、日本で手に入るハンディエスプレッソマシンの特長を紹介しておきましょう。

大きさや重さ、価格はどのくらい?

現在、日本で手に入るハンディエスプレッソマシンの種類はそれほど多いわけではありませんが、メーカーにより見た目や個性は様々。ただし、大きさに関しては各メーカーともほぼ同じで、高さが18~22cm、横幅が7~10cm、厚みが6~7cmくらいの筒型となっています。

大きさはほとんど同じでも重さは約250gから500gまでとバラつきがあります。500gだとしても十分に軽量ですが、実際に手にとって操作しやすい重さを確認しておくと安心です。

価格帯はおおむね8,000~16,000円程度。メーカーによって開きがありますが、エスプレッソマシンを使うなら価格よりも使用感で選ぶのがおすすめです。

使えるコーヒー豆のタイプで3タイプに分かれる

いざハンディエスプレッソマシンを探し始めると、同じメーカーでもたくさんの商品を取り揃えていることに気づくはず。それもそのはず、ハンディエスプレッソマシンにはカフェポッド専用タイプ、コーヒー粉専用タイプ、ハイブリッドタイプの3タイプがあるのです。

できるだけ手間を減らしたいなら断然カフェポッド専用タイプですが、自分の味わいを追求したいならコーヒー粉専用タイプがぴったり。ハイブリッドタイプは状況に応じて使い分けられる便利さがある一方、他のタイプより価格が少し上がります。

それぞれのメリットとデメリットを見極めて、自分に見合ったタイプを選択しましょう。

圧力のかけ方はエアポンプ式とプレス式の2通り

ハンディエスプレッソマシンでは、先ほど紹介したエアポンプ式によって圧力をかけるのが一般的です。ただし、一部のメーカーではプレス式を採用していることもあります。

ポンピングすることで圧力をかけるエアポンプ式に対して、プレス式は両手で押し込む力で圧力をかけます。エアポンプ式より多少力が要りますが、体重をかけて押し込むようにするとポンピングするより簡単に圧力がかかるはず。あらかじめ用意したカップの上でプレスするので、圧力をかけると同時に抽出も完了します。

ただし、プレス式で圧力をかけるにはテーブルなどが必要。場所によっては圧力をかけるのが難しいこともあります。

4.ハンディエスプレッソマシンでおうちカフェを楽しもう

エスプレッソの深い苦みと豊かなコクを簡単に再現できるハンディエスプレッソマシン。電気を使わないコンパクトな見た目ながら、クレマの浮かぶ本格的なエスプレッソを楽しめます。

おうちにも職場にも、キャンプにも。場所を選ばず、いつでもどこでも使えるハンディエスプレッソマシンがあれば、コーヒーライフがもっと充実するはずですよ。

【おすすめ記事】

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

コーヒーコラムトップへ戻る

珈琲人名鑑