マシュマロコーヒーとは?飲んだらふわふわ幸せの味がするアレンジコーヒー

マシュマロコーヒーとは、マシュマロを入れたコーヒーのこと。コーヒーにマシュマロを入れると、ふわふわとして優しい甘味も味わえるのです。こちらの記事では見た目も可愛らしいマシュマロコーヒーの魅力や基本の作り方、アレンジレシピを紹介します。マシュマロコーヒーを作って、いつものコーヒータイムをより楽しんでみてください。

1.マシュマロコーヒーとは

マシュマロコーヒーとは、温かいコーヒーにマシュマロをくわえたものを指します。コーヒーにマシュマロをくわえることで、味わいや食感がどのように変化するのかチェックしていきましょう。

マシュマロコーヒーの味と食感

温かいコーヒーにマシュマロを入れると、コーヒーの熱によってマシュマロがしゅわしゅわと溶けていきます。マシュマロがある程度溶けた状態になると、カプチーノのようなふわふわとした食感になり、口当たりがまろやかで優しいものになるのです。

また、見た目や食感だけではなく、味の変化を楽しめるのもポイント。マシュマロは甘いお菓子ですので、コーヒーに入れることで甘味がプラスされます。強すぎる甘味ではなく、ほんのりと優しい甘さです。コーヒーの苦味や深みとよく合う、まろやかでバランスの良い味わいを感じさせてくれます。マシュマロの個数を調整して、自分好みの食感や甘さを作るのもおすすめです。

マシュマロの原料は?

ふんわりとした弾力と甘さが魅力的なマシュマロは、メレンゲとシロップ、ゼラチンを原料としているのです。メレンゲとは卵白を泡立てたもので、お菓子作りによく使用されています。ゼラチンはゼリーなどの材料にもなっているたんぱく質の一種で、ゼラチンのたんぱく質の8割はコラーゲンから作られているのです。

2.マシュマロコーヒーの基本の作り方

ここからは、マシュマロコーヒーの基本的な作り方を紹介します。気を付けるポイントやコーヒーとマシュマロの割合、コーヒーの選び方やマシュマロの種類についても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

基本はコーヒーに入れるだけ

基本の作り方はとってもシンプルで簡単。温かいコーヒーにマシュマロを浮かべるだけで完成します。マシュマロコーヒーは、コーヒーの熱でマシュマロを溶かして食感を楽しむのが醍醐味です。コーヒーが冷めてしまうとマシュマロが溶けにくくなり、マシュマロコーヒー本来の食感を味わうことができません。そのため淹れたての、できるだけ熱いコーヒーにマシュマロを入れるのがポイントです。

また、マシュマロは熱に弱く溶けやすい性質なので、コーヒーが熱いうちであればかき混ぜる必要はありません。しゅわしゅわとマシュマロが少しずつ溶けていくのを眺めるのも、マシュマロコーヒーの魅力の1つといえるでしょう。

コーヒーとマシュマロの割合

次に、コーヒーとマシュマロの最適な割合です。カップ1杯のコーヒーに対して、マシュマロは2~4個程度がおすすめ。小さいマシュマロの場合は、少し多めに入れても良いでしょう。甘みを強くしたい時は、コーヒーが見えなくなるくらいにマシュマロを乗せてみてください。マシュマロで甘さを強めずに、砂糖で調整しても問題ありません。

コーヒーとマシュマロの種類

マシュマロコーヒーに使用するコーヒーは、どんなタイプのものでも良いです。市販されているインスタントコーヒーや、ドリップコーヒーバッグでも問題なく美味しいものができます。コーヒー粉でドリップする場合は、深煎り焙煎のものがマシュマロと相性が良いです。

コーヒーに入れるマシュマロは、オーソドックスなプレーンタイプが基本。マシュマロのサイズによって溶けるスピードが異なるので、大きいマシュマロにしてゆっくり溶かすか、小さいマシュマロにして早く溶かすかなど好みに合わせたサイズを選んでください。

また、アレンジでさまざまなフレーバーを楽しむのもおすすめです。チョコ味やコーヒー味のマシュマロは、フレーバーの中でも特に相性が良いのでぜひ試してみてください。

3.マシュマロコーヒーのアレンジレシピ

マシュマロコーヒーには、さまざまなアレンジ方法が存在します。いつもマシュマロコーヒーを楽しんでいる人も、少し変化を楽しみたいと感じたときに試してほしいアレンジがありますので、参考にしてみてください。ここからは、簡単に作れる美味しいアレンジレシピを紹介します。

焦がしマシュマロコーヒー

マシュマロをコーヒーに入れる前に、加熱して焦げ目を付ける簡単アレンジです。アルミホイルの上に好みの量のマシュマロを並べて、オーブントースターで1~2分ほど焼きます。マシュマロの表面に焼き色がついたら、コーヒーに浮かべて完成です。

マシュマロを焦がすことで、甘く香ばしい香りが生まれます。コーヒーの香りと相性が良いのもポイントです。味わいや見た目だけではなく、香りもより上質になるアレンジレシピ。また、こんがりと焼いたマシュマロは表面がサクサクで、中はトロトロになっています。コーヒーを染み込ませてマシュマロを食べても美味しいです。

トッピングで楽しむマシュマロコーヒー

基本のマシュマロコーヒーや、焦がしマシュマロコーヒーにトッピングをプラスして、見た目や味わいをさらに華やかにするのもおすすめです。特におすすめなのはシナモンパウダーやチョコレートソース、ココアパウダー。マシュマロとコーヒーそしてトッピングそれぞれの香りと味が混ざりあい、より濃厚になります。ひと手間くわえるだけで、見た目もおしゃれなカフェスイーツ風の一杯になるのが嬉しいですね。コーヒーブレイクにはもちろん、来客時のおもてなしにもおすすめのアレンジレシピです。

マシュマロカフェオレ

ミルクがまろやかなカフェオレは、マシュマロとよく合います。ドリップ抽出したコーヒーに温めたミルクを入れてカフェオレを作ります。カフェオレが熱いうちにマシュマロを浮かべれば完成です。ミルクを温めないまま入れてしまうと、コーヒーの温度が下がってしまってマシュマロが溶けにくくなるので注意してください。

また、インスタントコーヒーでカフェオレを作る場合は、インスタントコーヒーと水、ミルクをカップに入れて電子レンジで温めるといった方法も。その後にマシュマロを浮かべて、20秒ほど再び電子レンジで温めると熱々のマシュマロコーヒーが楽しめます。

マシュマロコーヒーゼリー

マシュマロは温かいコーヒーだけではなく、冷たいコーヒーゼリーとも相性抜群です。一口サイズにカットしたコーヒーゼリーを、マシュマロと合わせて器に盛り付けます。冷蔵庫で冷やしておくのもおすすめ。好みでガムシロップやホイップクリーム、ミントの葉を乗せれば簡単カフェ風スイーツの完成です。

4.美味しくて簡単なマシュマロコーヒーを楽しもう

マシュマロは、コーヒーと相性抜群の存在です。味わいだけではなく、ふわふわとした独特の食感が楽しめるのはマシュマロコーヒーの魅力といえるでしょう。身近にあるコーヒーとマシュマロで自宅でも簡単に、いつもとは一味違うクリーミーなコーヒーを味わうことができます。さまざまなマシュマロやアレンジを試して、お気に入りの食感と味わいを見つけてみてください。

【おすすめ記事】

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

コーヒーコラムトップへ戻る

珈琲人名鑑