食後にコーヒーを飲む理由とは?スイーツや和食、中華に合うおすすめコーヒーも紹介

レストランで、フルコースの食後に提供されるコーヒー。なぜ食後にコーヒーが提供されるのか、疑問に思ったことがある人もいるのではないでしょうか。今回は食後にコーヒーを飲む理由について解説します。食後にコーヒーが提供される理由や、食後におすすめのコーヒーを知りたい人はぜひご覧ください。

1.食後にコーヒーを飲む理由

レストランでコース料理の食後にコーヒーが提供されるのは、フランスの習慣が基とされています。また眠気覚ましとして食後にコーヒーを飲む人も。食後にコーヒーを飲む理由について詳しく解説します。

フランスの習慣

フランスでは食事と一緒にワインを楽しむ習慣があります。フランスにコーヒーが伝わると、ワインの酔い覚ましとして食後にコーヒーを飲むようになったといわれています。

その後フランス料理とともに、食後にコーヒーを飲む文化が日本に伝わり、レストランのコース料理などで食後のコーヒーが提供されるようになったようです。また食後のコーヒーが、一般的なコーヒーカップの半分の大きさのデミタスカップで提供されるのもフランス由来です。

眠気覚まし

コーヒーにはエチオピアでコーヒーの実を発見した当初から、眠気覚ましの効果があるといわれています。当時のアラビアの僧侶達は、夜中の儀式で眠気と戦うためにコーヒーの実を食べていたようです。朝食後や昼食後に眠気がある人は、食後にコーヒーを飲んで試してみてください。

2.時間帯別おすすめの食後のコーヒー

朝食後と昼食後、夕食後におすすめのコーヒーは焙煎度が異なります。ここでは、それぞれの時間帯におすすめのコーヒーを見ていきましょう。

朝食後・昼食後

体をシャキッとさせたい時や集中力を高めたい朝食後と昼食後は、一口でガツンとくる深煎りコーヒーがおすすめ。ただし眠気がある時は浅煎りコーヒーの方が良いです。コーヒー豆は、焙煎時間が長いほどカフェイン含有量が低くなります。眠気対策にはカフェインがより多く含まれている浅煎りのコーヒー豆を選びましょう。

夕食後

夕食後はカフェイン含有量が低い深煎りのコーヒー豆を、少し濃いめに淹れてみてください。濃いめにコーヒーを淹れると、食後の口の中がスッキリとします。エスプレッソで夕食後を締めくくるのも良いでしょう。エスプレッソや少し濃いめの深煎りコーヒーは夕食後の甘いスイーツとも相性が良いです。お酒を嗜んだ後にもおすすめ。

3.食事のジャンル別おすすめの食後のコーヒー

「コーヒーは洋食にしか合わない」と思っている人も多いのではないでしょうか?中華や和食の食後にも合うコーヒーがあるのです。食事のジャンルごとに、おすすめのコーヒーを紹介します。

洋食

パン派の人の朝食後には、カフェオレやカフェラテなどのミルク系のコーヒーがおすすめです。フランスではパンをカフェオレに浸けて食べる習慣もあり、パンとミルク系のコーヒーとの相性はとても良いと言えるでしょう。

パスタなどの昼食後には深煎りコーヒーがおすすめです。特にトマトを使っている洋食料理には、酸味の強い浅煎りコーヒーよりも苦味のある深煎りコーヒーの方が合います。

中華

こってりとしたものが多い中華料理の食後には、口の中をさっぱりとさせられる浅煎りコーヒーがおすすめです。口の中に残った油っぽさも解消できます。

和食

和食の食後には、クセの少ないコロンビアというコーヒー豆の中煎りがおすすめです。またみそ汁を飲んだ食後には、酸味を抑えて適度にコクと苦味があるマンデリンというコーヒー豆の深煎りを選ぶと良いでしょう。

4.スイーツ別おすすめの食後のコーヒー

スイーツと一緒に食後のコーヒーを楽しむ人も多いでしょう。スイーツごとにおすすめのコーヒーを紹介します。

バニラアイスクリーム

バニラアイスクリームには、エスプレッソや深煎りコーヒーがおすすめです。バニラアイスクリームに、エスプレッソや深煎りコーヒーをかけるとアフォガードになります。逆に深煎りコーヒーの中にアイスクリームを入れるとコーヒーフロートに。最初はコーヒーを楽しんで、途中からアレンジするのも良いでしょう。

焼き菓子

クッキーなどの焼き菓子には中煎りコーヒーやミルクをくわえたカフェオレ、カフェラテなどがおすすめです。中煎りコーヒーは酸味と苦味のバランスが良く、軽めの飲み口なので焼き菓子と良く合います。バターたっぷりの焼き菓子やチョコレートをくわえた焼き菓子は、深煎りコーヒーとも相性が良いです。

和菓子

あんこを使った和菓子には、深煎りコーヒーがおすすめです。甘くて濃厚なあんこと深煎りコーヒーはどちらの味も負けることなく、お互いの味を引き立たせます。しかしまんじゅうには、浅煎りコーヒーの方が良いでしょう。まんじゅうの生地と浅煎りコーヒーのすっきりとした味わいが絶妙にマッチします。

フルーツケーキ

イチゴのショートケーキや、フルーツタルトなどのフルーツケーキには浅煎りコーヒーが合います。浅煎りコーヒーは、フルーティーな味わいが特長。そのためフルーツを使ったスイーツととても相性が良いです。

イチゴのショートケーキではイチゴのフレッシュな甘酸っぱさと浅煎りコーヒーのフルーティーさが合わさって、それぞれの美味しさが増します。フルーツたっぷりのタルトと浅煎りコーヒーの場合は、タルトとコーヒーの味わいを楽しめるだけでなく食後の口の中をさっぱりとしてくれます。

濃厚なケーキ

チョコレートや濃厚なチーズケーキには、深煎りコーヒーがおすすめです。和菓子のあんこと同じで、濃厚なケーキと深煎りコーヒーを合わせるとお互いの味を引き立たせせてくれます。

濃厚なケーキの中でも特にティラミスとの相性が良いです。ティラミスの生地にはエスプレッソが染み込んでいるので、深煎りコーヒーと良く合います。

5.食後のコーヒーで食事の締めくくりを楽しもう

食後のコーヒーは、その時々によってベストなものを選びましょう。眠気がある、夕食後から就寝までの時間が短いという人は、時間帯ごとの食後のコーヒーを参考にしてみてください。それ以外の場合は、ジャンルやスイーツに合わせて食後のコーヒーを選びましょう。

ホテルやレストランでは、食後にオリジナルのブレンドコーヒーを出すところが多いようです。ぜひ食事と一緒に、その場所ならではの食後のコーヒーもお楽しみください。

【おすすめ記事】

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

コーヒーコラムトップへ戻る

珈琲人名鑑