珈琲人名鑑

感性を信じた生豆選びと商品開発
下町コーヒー店の飽くなき探究心

ライブコーヒー 株式会社代表取締役社長 大塚徹

ピュアで鮮度が高いコーヒーにこだわりをもち、月島を中心に卸売業を営んできたライブコーヒー。自らの感性を重視した生豆の仕入れ、特許を取得したオリジナルのコーヒー器具販売など、コーヒーへの飽くなき探究心を持つ2代目社長の大塚徹氏に話を聞いた。

戦後、米軍キャンプで出会ったコーヒー

創業者の大塚吉蔵氏がライブコーヒーを創業したのは1955年。戦後の日本は食品や物資が不足する状況だったが、4ヶ国語が堪能だった吉蔵氏は通訳として米軍キャンプに出入りしていた。そのため希少とされていた砂糖や酒、コーヒーなどの食材を手にいれることができたという。

「当時コーヒーは、今以上に癒しを与える特別な飲み物だったそうです」と話すのは、2代目社長を務める息子の徹氏。同氏が入社した1960年代はコーヒー豆の輸入が再開された頃で、喫茶店ブームも相まって販路が拡大。当時は徹氏も自転車にコーヒー豆を積み込んで、月島から銀座、果ては渋谷にまで配達に駆け回っていたという。

活き活きとしたコーヒーを届けたい

ライブコーヒーという店名には「LIVE」、つまり鮮度が高く、活き活きとした、本物のコーヒーを届けたいという想いが込められている。商店街沿いにある月島の本店は前面がガラス張りで、とても明るい雰囲気。光が差し込む店構えも徹氏のビジョンを表しているようだ。

現在、本店では約20種類のストレートコーヒーと10種類のブレンドコーヒーを販売している。一番人気のライブブレンドは、バランスがとれていて飲みやすく、心地よい後味が魅力の琥珀色のコーヒーだ。それはドイツに憧れた徹氏が、同国を訪れた際に飲んだ思い出のブレンドを再現したものだという。

お客様の口に入る以上
生豆がピュアであるかを重視する。

自分の感性を信じて生豆を厳選

卸や小売のために大量の豆を仕入れている同社。徹氏が生豆を選ぶ際に大切にしていることは、生豆がピュアであるか。お客様の口に入る以上、純粋な想いと努力で作られているコーヒーをお届けしたいと考えている。例えば、不快な味がないか、体に害を与えるような農薬は使われていないか、その土地に根付いた自然環境に沿った栽培方法で、太陽の香りと甘みが感じられるか、純粋に美味しいコーヒーを作りたいという情熱を持った作り手のいる農園か、徹氏はお客様のために日々確認を怠らない。

そして、もうひとつ徹氏がコーヒーを選ぶ際に重視しているのが、自身の感性だ。昨今は商社や産地から多くの情報が提供されるが、それを鵜呑みにするのではなく、自分がどう感じるか、自分が美味しいと思ったもののみを仕入れるようにしている。自らの感性を重視するあまりに、複数社が参加するカッピングでは他社と違う豆を評価してしまうこともあったそうだが、徹氏は「コーヒーの味は自分で経験しながら覚えていくものだ」と一言。日本に入ってくるコーヒー豆の種類や品質が大きく変わっていった時代を駆け抜けてきた徹氏の言葉には重みが感じられる。

絶大な信頼をおく、ドイツ製ゴットホットで焙煎

そうして仕入れた生豆を主に焙煎しているのは、千葉県八千代市の工場にある45キロ釜のドイツ製焙煎機ゴットホットだ。創業時から数えるとフジローヤルの5キロと30キロを経ての3台目。購入した50年前は相当な高級品で、まさに高嶺の花のような存在だった。そんな名機を知り合いに頼み込んで譲ってもらえたことは「本当に幸運だった」と語る。

そこまでして手に入れたかったゴットホットの魅力は、生豆の芯までしっかり火が入り、理想的に膨らむ熱風式焙煎機であること、深煎りも素晴らしいが、特に浅煎りの焙煎をする際に、その真価が発揮されるという。

尽きない好奇心をエネルギーに、オリジナルのコーヒー器具を販売

さらに同社がユニークなのは、オリジナルのコーヒー器具を販売していることだ。特許を取得した手煎り焙煎器、ライブロースターは、焙煎機内と同じように、突起を設けることで、撹拌を促し、焼きむらの少ない焙煎をすることができる。またネルドリップの発想から作ったシルクフィルターもオリジナル商品のひとつ。つるりとしたシルクを使用することで、きめ細やかな口当たりのコーヒーを抽出できるほか、少量のコーヒー豆で淹れても驚くほど濃厚な一杯ができるという。

コーヒーの世界に入って58年たった今でも、日本人にとってより良いコーヒーとは何かを考え続けている徹氏。コーヒーへの情熱については「死ぬまで試行錯誤だ」と、楽しそうに笑う。今も尽きない好奇心と研究熱は、同社が作るコーヒーの美味しさに確実に繋がっているのだ。

Product商品詳細

ライブコーヒー 株式会社ライブブレンド

(200g)892円(税込)

  • 価格は取材時点のものになります

シティローストに焙煎したコロンビアをベースにブラジルなどをブレンドした香り高い特選ブレンド。コクがあるしっかりした味わいながら、液体の綺麗な琥珀色からも分かる飲み易さ、後味の心地よさが魅力。徹氏がかつてドイツで飲んだブレンドを再現した思い出の味わい。

この商品を購入する

Company会社情報

会社名 ライブコーヒー 株式会社
住所 104-0052 東京都中央区月島1-9-8 
電話 03-3532-1005
FAX 03-3532-1009
営業時間 8:30〜19:00 
HP http://www.live-coffee.com/
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE