珈琲人名鑑

毎日飲むコーヒーを
嬉しい価格で美味しく

有限会社 遠山珈琲社長 遠山克利

「コーヒーは毎日飲むものだから、良い品質のものを手軽な価格で提供したい」と話すのは珈琲の遠山の社長、遠山克利氏。日本のコーヒー史を語る上で欠かせない、カフェーパウリスタの店長を経て、地元、千葉県白井市でコーヒーの卸と店舗販売を開始。今では、本社横の温室でコーヒー栽培も実践する。そんな遠山氏のコーヒーへの飽くなき探究心の源とは?

戦後、復活したカフェーパウリスタの初代店長を経て独立

遠山氏のコーヒーのキャリアは日東珈琲の社員時代に始まる。1970年に復活した同社の直営店「カフェーパウリスタ」の初代店長を任される。その後カフェの経験を活かし、本社業務の営業や企画に従事した。

独立後、コーヒーをより多くの人に広めるために地元、千葉県白井市でコーヒー豆の販売を開始。現在は、コーヒー豆の喫茶店卸をメインにしながら、コーヒー器具や喫茶店用の食品を扱う店も構えている。

コーヒーは大衆の嗜好品。嬉しい価格で美味しくが重要

「コーヒーはお茶と同様で、大衆の嗜好品。毎日家で飲むものだからこそ、品質と手軽な価格を重要視している」と話す遠山氏。大事にしているのは、味、コク、香りだが、お客様により感じ方は異なるため、店ではコーヒー豆を約100種類用意している。シングルオリジンで購入することもできるが、3キロ以上でブレンドの焙煎も可能。

また生豆は、常時50〜100種ほど扱っている。こだわりは信頼している商社にくわえ、産地指定農園から仕入れていることだ。かつて遠山氏自身が訪れたことがある、ブラジル、コロンビア、中米、インドネシアなどの農園からは今でも生豆の買い付けをしている。

「お客様を裏切らない」という信念と信頼関係が良い生豆を引き寄せる

遠山氏に良い品質のコーヒーを手に入れる秘訣を聞くと「良いコーヒーを買えるルートを持っていること。量を多く購入できること。そしてなにより、長年やっていることで“人との繋がりや信頼関係”があること」と教えてくれた。

コーヒーは農作物のため、植物の病気や天候による不作などトラブルが発生することもあるが、同社では生豆を切らしたことがない。それは長年にわたって築き上げた信頼関係により、品薄になっても「遠山さんへは優先的に」と言ってもらえるためだ。そこには遠山氏の「絶対にお客様を裏切らない」という信念もある。

味の好みはひとそれぞれ
すべての人に合うコーヒーを作りたい

焙煎機はフジローヤルとジェットロースターを使い分け

販売所の奥に構える焙煎機。店舗では500グラム入りのコーヒー豆を購入するお客様が多いことから、量を多く焼く場合にはフジローヤルの30キロと3キロの直火焙煎機とを使用している。30キロは直火にくわえて、遠赤外線を結合させたカスタマイズ焙煎機、下からのガスバーナーの熱と側面からの輻射熱で生豆を内部からも加熱する。「素材の旨味がコーヒー豆の中に閉じ込められて、やわらかく仕上がる」と長年、愛用しているという。
また、「コーヒーを商売としている以上、すべての人に合うコーヒーを提供したい」と考え、同社ではお客様が店頭で生豆を選び、ジェットロースターで焙煎してもらうことも可能。週末は2台あるカスタム焙煎機が忙しく稼働し続けるそうだ。

コーヒーを身近に感じてもらうため、自らコーヒーを栽培

コーヒー豆店としての名が知られるにつれて、遠山氏はコーヒー教室の講師を依頼されることが増えた。ただ教える上で難しいのは、生産国から離れた日本ではそのイメージが伝わりにくいことだ。「もともとコーヒーは、コーヒーチェリーという果実の種子で……」と説明しても、ほとんどの人がコーヒーの木を見たことがない。そこで、遠山氏は本社の横に18坪のコーヒー栽培の温室を作った。

「コーヒーの花は白く、ジャスミンのような香りがすることや、コーヒーチェリーはかじると甘いことなど、コーヒーの木を実際に見てもらい、もっと身近に感じてもらいと思った」と語る。そして遠山氏自身が「自分で栽培しなれければ気づけないことがある」と、自分でコーヒー栽培をすることで、農園主に近づき、同じ感覚で話せることを目指したという。地道な活動を続けた結果、1991年、遠山氏は、読売・日本テレビ文化センター京葉(現:よみうりカルチャー船橋ららぽーと)よりコーヒー教室の講師10周年の感謝状を受けた。

取材の最後、遠山氏に同社の強みを聞くと「僕がとにかくコーヒー好きであること!」と明るく答えてくれた。答えがひとつではないコーヒーの世界。だからこそ、好きな気持ちとそこから派生する探究心が美味しいコーヒーを作り続けるエネルギーの源となっているのだろう。

Product商品詳細

有限会社 遠山珈琲ヨーロピアン・ブレンド “パリの朝市”

(500g)1,400円(税別)

  • 価格は取材時点のものになります

バランスの良い味わいのコロンビア、甘さのあるブラジル、後味を軽やかにするエチオピアなどのコーヒー豆を使用した深煎りコーヒー。遠山氏がフランスへ視察に訪れた際、寒い市場で女性たちが美味しそうに飲んでいる姿にインスパイアされて作ったという、創業時からあるブレンドだ。カフェオレなどのアレンジコーヒーにも相性抜群。

※現在、通販は行っておりませんが、店頭で購入可能です。

Company会社情報

会社名 有限会社 遠山珈琲
住所 270-1431 千葉県白井市根1889-6 
電話 047-491-8440
FAX 047-491-4334
営業時間 10:00〜19:00
定休日 第3火曜日
Mail info@tcc-coffee.com
HP http://www.tcc-coffee.com/
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE