珈琲人名鑑

コーヒー史とともに歩んできた
自家焙煎コーヒー業者

有限会社 横山商店社長 横山克己

東京・浜松町駅から徒歩数分の路地裏にひっそりと佇む横山商店。戦後、コーヒーがハイカラだった時代に創業し、高度経済成長期には瓶入りコーヒー牛乳の原料を製造。さらには喫茶店へのコーヒー豆の卸や家庭用レギュラーコーヒーの販売と、まさに日本コーヒー史とともに歩んできた。今回は同社の横山克己氏に話を聞いた。

戦後のモダンな街で成長を遂げた自家焙煎コーヒー業者

横山商店は、克己氏の父にあたる源吾氏が、商社時代に担当していた生豆を自家焙煎して売り出したことに始まる。源吾氏は1935年に独立し、横山商店を創業。しかしすぐに日本は戦争に突入した。今の地に会社を構えたのは、戦地から帰還した後のことだ。

当時の浜松町は進駐軍のジープ用モータープール(駐車基地)があり、現在の六本木や青山のように流行の最先端をいく街だった。街の復興とともにコーヒーの需要も高まり、同社は売り上げを伸ばしていった。

高度経済成長期に銭湯や駅で飲まれた、コーヒー牛乳の作り手

もともとコーヒーに興味がなかった克己氏だが、学生時代に店を手伝い始めたことで意識が変わっていった。国際商品であるコーヒー市場の面白さ、生豆の選定、焙煎によって変わる味わい……。コーヒーの奥深さに魅せられて、家業を継ぐことを決意。

1960年代当時、日本人にとって、もっとも親しみやすいコーヒーといえば、銭湯や駅で売っている瓶入りのコーヒー牛乳だった。横山商店はこの原料となるコーヒー豆を乳業メーカーへ卸し、その生産に大きく貢献した。

さらに同時期、横山商店は日本全国に増えていった喫茶店や小売店にコーヒー豆の卸もしていた。今でこそ焙煎機を持つカフェや喫茶店は多いが、当時の喫茶店や小売店はコーヒー業者からコーヒー豆を仕入れ、自らブレンドするのが主流だった。横山商店のコーヒー豆はリピーターが多く、50年近くの付き合いになる得意先もあるそうだ。

“時代が変わっても
守ってきた味を作り続けたい”

理想の生豆は、家族経営の農園で作られる「樹上完熟」豆

現在、同店で販売しているのはブレンド4種とシングルオリジン12種。生産量が多く、味が中庸でバランスの良いブラジルやコロンビアを中心に、中米カリブ海、エチオピア、ハワイ島、イエメン、タンザニア、インドネシアなどのコーヒー豆を揃えている。

生豆を選ぶ際に克己氏が理想とするのは、高地にあって、家族経営をしている農園の手摘みによる完熟した生豆だ。樹上で完熟し、コーヒーチェリーの旨味が果肉から種子に移る。その果肉が発酵する直前に、一粒一粒、手摘みしたものは味わいが違うという。サンプルで取り寄せた生豆は気に入れば1年契約で購入している。

半世紀以上にわたり味を守ってきた30キロの焙煎機

仕入れた生豆を焙煎するのは、30キロのコトブキ製プロスパコーヒーロースターだ。この焙煎機を使用して50年以上。メーカー自体がもう無くなっているため、モーターの取り替えやメンテナンスも自身で行なっているという。

近年ではコンピュータ制御の管理しやすい焙煎機も普及しているが、変わらず同じものを使っているのは、横山商店の味を守り続けるためだ。コーヒー豆の匂い、色、形を見ながら火加減を調整し、じっくりと焙煎。半世紀以上、コーヒー豆を買ってくださっているお客様の期待に応えるため、ブレずに横山商店の味を作る。それに誇りを持っているのだ。

時代とともに変わるお客様のニーズに柔軟に対応

現在70代となった克己氏。お客様も高齢化しており、年々、苦くないやわらかい風味のコーヒーの需要が増えているという。卸はもちろん、そういったお客様の細かい要望に柔軟に対応できることは自社の強みと考えている。

克己氏に商売におけるモチベーションを聞くと、「やはりお客様の顔。喜んでくれる人の顔を見ると、もう少しがんばろうかなと思うんですよね」と笑って話してくれた。こだわりをもって作った味を半世紀以上守っている克己氏。その心持ちは、自身の代表作であるマウンテンブレンドのように、ソフトで、すっきりと優しかった。

Product商品詳細

有限会社 横山商店マウンテンM

(200g)440円(税別)

  • 価格は取材時点のものになります

家庭用のレギュラーコーヒーが普及してきた昭和後期に、克己氏がレシピを作り、今なお愛されているベストセラーブレンド。バランスの良いブラジル、コロンビアをベースに、カリブ海の国々の豆をブレンド。柔らかくて香り良く、甘さがあってすっきりとした後味に仕上げている。

ご注文はお電話で03-3431-2449ご注文はお電話で03-3431-2449【営業時間】 平日 9:00~17:00

Company会社情報

会社名 有限会社 横山商店
住所 105-0013 東京都港区浜松町2-1-8 
電話 03-3431-2449
FAX 03-3431-3626
営業時間 9:00〜17:00
定休日 土・日・祝日
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE