コーヒーサミット2020、今年も大盛況で閉幕


今年は予約優先入場制を導入。予約受付開始から3週間で約3,000枠が満枠に!

 コーヒーロースターのスペシャリストが集結する「コーヒーサミット2020」が1月31日~2月1日の3日間、「iTSCOM STUDIO & HALL(イッツコム スタジオ&ホール)二子玉川ライズにて開催された。

 昨年に引き続き2回目となった本イベントは、レギュラーコーヒーの消費拡大と日本のコーヒー文化のさらなる向上を目指すコーヒー焙煎(ばいせん)業者らによる業界認可団体「東日本コーヒー商工組合」が主催するもの。
 今回は前回よりも出展規模を拡大。ブース初出展6社を迎えた総勢22社のロースターが集結し、各社自慢のコーヒーが来場者に振る舞われた。コーヒーサミットの特徴は、主観的に表現されがちなコーヒーの味を味覚センサーで客観的に”見える化”し、視覚と味覚でコーヒーを知れること。(酸味、苦味、複雑さ、コーヒー感、苦味の後味、コク)の6つの観点から数値化したレーダーチャートや味を比較したポジショニングマップをたよりに、飲み比べしながら自分好みのコーヒーと出会えることがコーヒーサミットの醍醐味だ。ブースによってはお菓子やイベントオリジナル商品も購入でき、コーヒー好きにはたまらないイベントとなっている。

 また、本年は「予約優先入場制度」を導入。前回の混雑状況を踏まえ年末よりWEB予約を受け付けたところ、約3,000の予約枠が開始わずか3週間で満枠となった。昨今のコーヒーへの関心の高まりを象徴する結果となった。

 コロナウイルスの影響が心配されたものの、当日キャンセル待ちの予約なし来場者も多数訪れ、前回を超える約4,000人の来場者を記録。多くは一般来場者であったが飲食店関係者の来場も見られ、あらゆるコーヒー関心層に出会いをもたらすイベントに成長しつつある。
 出展者と来場者がコーヒーについて笑顔で語り合うシーンが随所に見られ、ますます我々の生活に寄り添うコーヒーの需要の高さを認識できる3日間となった。

■ ブース出展ブランド
 - ART COFFEE
 - タカノコーヒー (初出展)
 - ウエシマコーヒー
 - KEY COFFEE
 - Capital Coffee
 - カルディコーヒーファーム
 - サザコーヒー
 - サンパウロコーヒー(初出展)
 - C and C(初出展)
 - SUBARU COFFEE
 - チモトコーヒー
 - 萬国珈琲
 - トーアコーヒー
 - TOMIYA COFFEE
 - 銀座カフェーパウリスタ(初出展)
 - 服部コーヒーフーズ
 - SmB CAFE(初出展)※
 - 松屋珈琲店
 - 函館 美鈴珈琲
 - 三本珈琲(初出展)
 - 山下コーヒー
 - キャラバンコーヒー
 (全22社)
※SmB CAFEは2/1・2/2のみ出展
---------------------------------------------
■ 商品出展ブランド
 - KEN'S COFFEE
 - 珈琲豆 新井商店
 - SUNNY
 - スズアコーヒー(初出展)
 - 珠屋小林珈琲
 - たぐち珈琲豆店
 (全6社)

※協力:インテリジェントセンサーテクノロジー社

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

トピックストップへ戻る