コーヒーのカロリーは何kcal?気になるコーヒーの “豆”知識

コーヒーのカロリーは何kcal?気になるコーヒーの “豆”知識

「毎日の暮らしに欠かせない」という愛飲家も多い飲み物のひとつ、コーヒー。でも気になるのがそのカロリーについて。今回はコーヒーのカロリーはどのくらいなのか、種類や飲み方によるカロリーの違いも含めて詳しくご紹介します。

1.至高の嗜好品=コーヒー。でも、カロリーってどのくらい?

朝の目覚めや仕事・勉強の休憩のときに飲むコーヒー。コーヒー好きにとっては、リラックス&リフレッシュのための至高の嗜好品と言えるものでしょう。気分転換に、集中力向上にと、「日々の生活に欠かせない飲み物」という人も少なくありませんし、1日のうちについつい何杯も飲んでしまうという人もいらっしゃることでしょう。

しかし、嗜好品と呼ばれ、あれだけ深い味わい、芳醇な香りのコーヒーとあって、そのカロリーが気になるところです。もしかすると知らぬ間に、多くのカロリーを摂取してしまっているかもしれません。

実際のところ、コーヒーのカロリーはいったいどのくらいのものなのでしょうか?

2.コーヒー1杯のカロリーは8kcal!

深い味わい、芳醇な香り、得も言われぬ魅惑的な色合いが特徴的なコーヒー。一見するとカロリーはそれなりに、もしくは、かなり高いものと感じてしまいがちです。しかし、文部科学省が提供している「食品成分データベース」によると、200mlのブラックコーヒー(浸出液)のカロリーは8kcalと、思ったほど高くはないというデータがあります。

2-1.コーヒーのカロリーって高いの?他の飲料との比較

とはいえ、8kcalと聞いても高いのか低いのかピンとこないという人もいらっしゃるはず。そこで他の飲料と比較してみましょう。例えば、スッキリ爽快な飲み心地が特徴的な炭酸飲料のコーラ(200ml)は92kcal、サイダー(同)は82kcalとなっています。これらに比べると、コーヒーのカロリーは段違いに低いことがわかるはずです。

3.コーヒーの種類別・飲み方別カロリー早見表

ただし、コーヒーと言っても種類や飲み方は実にさまざま。種類ごと、飲み方ごとで、もちろんカロリーは変動します。そこで、代表的なコーヒーの種類や飲み方別のカロリー早見表を以下にまとめました。

コーヒーの種類別・飲み方別カロリー早見表

同じコーヒーと名の付くものでも、カロリーは大きく異なることが見て取れるはずです。では、それぞれの種類、飲み方について、さらに詳しく見てみましょう。

3-1.ブラックコーヒーの場合

ブラックコーヒーの場合

ブラックコーヒーは言わずと知れた、砂糖やミルクなどを何も入れない飲み方ですね。そのほろ苦い味わいを好む人も多いものです。ブラックコーヒー200mlのカロリーは前述の通り8kcalで、他の飲み方に比べてもっとも低い値です。

3-2.ミルク・コーヒーフレッシュを入れる場合

ミルク・コーヒーフレッシュを入れる場合

コーヒーにミルク(4.5mlの乳脂肪)または、コーヒーフレッシュ(4.5mlの植物性油脂食品)を加えると、よりまろやかな味わいが楽しめます。この場合のカロリーはミルク入りで17kcal、コーヒーフレッシュ入りは19kcalとなります。

3-3.砂糖入りコーヒーの場合

砂糖入りコーヒーの場合

ちょっと疲れたときなどに最適なのが、砂糖を入れたコーヒー。コーヒーシュガー(加工糖)6gを入れた場合のカロリーは31kcalとなります。

3-4.ミルクと砂糖を入れた場合

ミルクと砂糖を入れた場合

こちらは前述のミルクと砂糖を入れた場合です。もっともポピュラーな飲み方とも言えるものですね。気になるカロリーは40kcalです。

3-5.カフェオレの場合

カフェオレの場合

カフェオレはフランス語で、カフェ=コーヒー、オレ=牛乳を指します。ドリップコーヒーにたっぷりの牛乳を加えた飲み方で、まろやかさと口当たりの良さが特徴的です。カロリーは普通牛乳100mlを加えた場合、71kcalとやや高めですが、コーラなどの炭酸飲料に比べればまだ低い方ですね。

3-6.ウィンナーコーヒーの場合

ウィンナーコーヒーの場合

ウィンナーコーヒーはオーストリアの首都・ウィーン発祥とも言われるコーヒーの飲み方。日本では一般的にコーヒーのうえにホイップクリームをのせて飲まれています。乳脂肪のホイップクリーム20gをのせたウィンナーコーヒーの場合、カロリーは94kcalと早見表のなかでもっとも高い値に。炭酸飲料のコーラとほぼ同等のカロリーというわけです。

3-7.コーヒーフロートの場合

コーヒーフロートの場合

一般的にアイスコーヒーのうえにアイスクリームをのせる飲み方をコーヒーフロートと言います。普通脂肪のアイスクリーム30gをのせた場合、そのカロリーは62kcal。思いのほか、高くないと感じる人も少なくないかもしれません。

4.カロリーが気になる人にはブラックがおすすめ!

以上、見てきた通り、コーヒーのカロリーは他の嗜好飲料と比較しても、思ったほどには高くはありません。また、同じコーヒーでも種類や飲み方によってカロリーは変動するということもご確認いただけたはずです。

コーヒーは確かに他の嗜好飲料と比較すると低カロリーです。とはいえ、体重や体調が気になるという人やカロリー摂取を控えたいと考えている人もいらっしゃることでしょう。そういう人には、カロリーが比較的低いブラックコーヒーがおすすめです。コーヒー本来の味わいや香りが十分に楽しめる飲み方でもあるので、ぜひ、お試しください。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

コーヒーコラムトップへ戻る

珈琲人名鑑