黒糖入りのコーヒーは美味しい!一度は味わってほしい美味しいレシピも紹介

黒糖とコーヒーは、実は相性の良い組み合わせ。定番の砂糖やミルクとはまた違った、濃厚な味わいが楽しめます。この記事では、黒糖入りコーヒーの魅力について、また黒糖入りコーヒーの基本レシピ・アレンジレシピについて紹介します。気になるカロリーについても紹介しますのでぜひチェックしてくださいね。

1.黒糖とコーヒーの美味しい組み合わせ

コーヒーに黒糖を合わせることによって、白砂糖とは異なる新しいテイストが楽しめます。ここでは、黒糖と白砂糖との違いについてや、黒糖コーヒーの味わいについて紹介します。

黒糖と白砂糖の違い

琥珀のような茶色をした黒糖と、真っ白い雪のような白砂糖。二つは同じサトウキビから作られますが、精製作業をどこまで行うかで違いが生まれます。

黒糖は、サトウキビの絞り汁をろ過したものを煮詰めてアク取りをし、最後に冷やして固めて作られます。アク取りによって苦味がなくなり、黒糖特有の甘い風味ができますよ。そしてもう一つ、黒糖特有の甘味を生み出すとされているのが糖蜜です。

白砂糖は、黒糖の状態からさらに糖蜜を取り除いて精製します。不純物を取り除き、純粋に砂糖の結晶のみにした状態です。実は砂糖の結晶は無色透明なのだとか。光に当たって白く見えます。

黒糖には豊富なミネラルなど栄養も多く含まれているとされていますが、白砂糖は不純物を取り除く過程でそれら栄養素も失われてしまいます。

黒糖によって変わるコーヒーの味わい

甘さだけでなく特長的な味を持つ黒糖は、煮物などのコクを出したい料理におすすめとされています。コーヒーとも好相性です。黒糖のコクのある奥深い味わい、そして黒蜜のような甘さがコーヒーとマッチして、新しいコーヒーのフレーバーが楽しめます。
黒糖の量のほか、コーヒー豆を変えるなどして、自分好みの黒糖と相性の良いコーヒー作りを試してみましょう。

黒糖コーヒーの気になるカロリー

コクのある甘さが際立つ黒糖ですが、カロリーが気になる人も多いかもしれません。黒糖は白砂糖よりもカロリーが高いと思われがちですが、実は白砂糖よりも低いです。

黒糖は大さじ1杯(約9g)が約32kcal、小さじ1杯(約3g)が約11kcalとされています。コーヒー200mlのカロリーはブラックで約8kcalですので、小さじ1杯を入れた場合は約19kcalです。

当然ですが、黒糖や一緒に入れるミルクの量が多くなれば、その分カロリーも増えます。黒糖ミルクコーヒーのカロリーは1杯で150~250kcal程度でしょう。

2.黒糖コーヒー&黒糖ミルクコーヒーの作り方

黒糖入りのコーヒーの作り方はとても簡単。いつも使う白砂糖に変えて黒糖を用意するだけです。黒糖コーヒーの基本的な作り方と、ミルクをくわえた場合のレシピを紹介します。

黒糖コーヒーの作り方

美味しい黒糖コーヒーの作り方、それは普段通り淹れた温かいコーヒーに黒糖をくわえるだけです。まずは、美味しいドリップコーヒーを淹れましょう。続いて中さじ2杯程度の黒糖をくわえて混ぜます。固まりの黒糖では溶けにくい場合がありますので、粉末状の黒糖を使用するのがおすすめです。

黒糖入りのアイスコーヒーを楽しみたい場合は、黒糖シロップや黒糖みつを混ぜると簡単に冷たい黒糖コーヒーが作れます。どちらも市販で購入できるアイテムです。

美味しい黒糖コーヒーを作るポイントは、黒糖を多めに入れること。黒糖特有の蜜の効いた甘さがコーヒーと相まって独特の味わいを生み出しますよ。

黒糖ミルクコーヒーの作り方

黒糖コーヒーにミルクをくわえれば、さらに甘くまろやかな味わいを楽しめますよ。ミルクは事前に温めておきましょう。ミルクは沸騰すると匂いや味のクセが強まってしまいますので、沸騰させないよう注意しながら温めるのがポイントです。

作り方は、まずはカップに黒糖を入れ、そこに淹れたドリップコーヒーを注ぎます。後からミルクを注ぎますので、いつもより少し濃い目に淹れることがコツです。そして最後に、温めておいたミルクを注ぎます。

コーヒーらしい苦味を楽しみたい場合はコーヒーを多めに、甘く仕上げたい場合はミルクを多めにするなど、自分好みの味を探してくださいね。

3.黒糖コーヒーのアレンジレシピ

黒糖とコーヒーの美味しい組み合わせを生かして、簡単にデザートが作れます。コーヒー好きにはもちろん、黒糖の甘味もしっかりと効いているので小さなお子様にもおすすめのデザートです。黒糖コーヒーのアレンジレシピを3つ紹介します。

黒糖コーヒーゼリー

ゼラチンを使って簡単に作れるのが、黒糖コーヒーゼリーです。

1.ゼラチンの粉を適量の水で溶かす
2.ドリップコーヒーに黒糖を入れてかき混ぜる
  ドリップコーヒー300ml程度に対し黒糖50g程度
3.2に1のふやかしたゼラチンを入れて混ぜる
4.バットなどの容器に流し入れ冷蔵庫で冷やし固める

これだけでも美味しい黒糖コーヒーゼリーですが、食べる時に黒糖コーヒーゼリーを適当な大きさに砕いてグラスに入れたら、そこにミルクとクリームを注ぎ入れて食べるのもおすすめ。クリーミーな味わいの目でも楽しめるかわいいデザートです。

ゼラチンをくわえた黒糖コーヒーの液を容器に流し入れる際に、ざるで濾しながら流し入れてきめ細やかにするのが、美味しく作るコツですよ。

黒糖コーヒーミルク寒天

ゼラチンではなく寒天の粉を使えば、少し懐かしい味わいの黒糖コーヒー寒天になります。ここでは、ミルクをたっぷりと入れたまろやかな黒糖コーヒーミルク寒天のレシピを紹介します。

1.鍋で湯を沸かし寒天の粉を入れて溶かす
2.1の間にミルクを人肌程度まで温める
3.溶かした寒天にドリップコーヒーと黒糖、練乳をくわえて混ぜる
4.3に温めたミルクをくわえ弱火で混ぜる
5.冷ましてから容器に移し替え冷蔵庫で冷やし固める

ゼリーを作る時と同様、容器に移す前にざるで漉すのが美味しく作るコツです。容器に移し替えた後も、表面にできた泡立ちを取り除いておくときれいな寒天になります。
練乳をくわえてコクのあるマイルドな味わいを作るのがポイントです。その他、かき混ぜる時に塩やバニラエッセンスをくわえるとさらに美味しさが増しますよ。

黒糖コーヒーマフィン

お菓子作りの強い味方であるホットケーキミックスを使って、ほど良い甘さの黒糖コーヒーマフィンを作ってみませんか?材料が比較的多いので材料から紹介します。

材料:マフィンカップ中7〜8個分
・ホットケーキミックス 1袋200g
・卵 L2個
・バター(マーガリン)80g
・ミルク100cc
・ドリップコーヒー 大さじ1〜2
・黒糖 60g

作り方
1.卵、バター、ミルクを室温に戻しておく
2.オーブンを180℃に予熱する
3.ボールにすべての材料を入れてかき混ぜ生地を作る
4.生地をマフィンのカップに流し入れオーブンで20~25分程度焼く
5.竹串をさして生地がついてくるようであればさらに数分焼く

混ぜる時は泡立て器でしっかりと、またミキサーがあると便利です。時折焼き具合の様子を見ながら時間を調節しましょう。

4.黒糖コーヒーの風味を楽しんで

いつもの砂糖を黒糖に変えるだけで、新しいコーヒーの味わいが楽しめます。気分にあわせて変えるのも良いですね。ミルクをくわえて、さらにデザートにアレンジして、黒糖×コーヒーの新しい風味を自宅で気軽に楽しんでください。

【おすすめ記事】

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

コーヒーコラムトップへ戻る

コーヒーサミットオンライン