コルタードってどんな味?他のコーヒーとの違いや作り方についても紹介

コルタードは、スペイン発祥のコーヒーの飲み方で、エスプレッソにミルクを入れたものです。日本ではあまり聞き慣れない飲み方ですが、スペインでは定番のスタイル。エスプレッソ+ミルクの飲み物はカプチーノやカフェラテなどさまざまありますが、味に違いはあるのでしょうか。この記事ではコルタードの意味や作り方、他のコーヒーとの違いを紹介します。

1.コルタードとは

コルタードは、スペイン発祥のコーヒーの飲み方です。こちらではコルタードの意味や、国ごとの呼び方の違いについて解説していきます。

コルタードの意味

コルタード(Cortado)とは、コーヒーの飲み方の一種でエスプレッソを少量の温かいミルクで薄めたものです。

言葉の意味は、スペイン語で、切る、薄めるなどの意味があります。濃厚な味わいが特長のエスプレッソをホットミルクで薄めて飲むことから、その名前がつきました。

ちなみに、エスプレッソはスペインではカフェ・ソロと呼ばれています。コルタードはソロに少しのミルクを加えたものという概念です。飲むタイミングにも傾向があり、スペインでは主に食後に飲まれています。

国によって異なるコルタードの呼び方

アメリカのあるカフェでは、コルタードはジブラルタル(Gibraltar)という名前で呼ばれます。透明なグラスにコルタードを入れて作っていたのですが、このグラスがジブラルタルという名称で、そのままコルタード自体の呼び方になったようです。

また、フランスではエスプレッソに少しのミルクを加えたものを、カフェノワゼットと言います。ノワゼットはヘーゼルナッツという意味です。

2.コルタードを飲んでみよう

自宅にエスプレッソマシンがあれば、コルタードは簡単に作ることができます。ミルクの量や温度が鍵です。こちらではコルタードの作り方や、味わいの特長を紹介します。

コルタードの作り方

コルタードの作り方は簡単で、エスプレッソに少量のミルクを加えるだけでできます。ミルクはスチームドミルクを使用。スチームドミルクを作るためにはエスプレッソマシンが必要です。エスプレッソマシンにスチームドミルクを作る機能が付いていない場合は、ホットミルクを使用すると良いでしょう。

エスプレッソとミルクの割合ですが、エスプレッソ75%に対しミルクが25%です。エスプレッソとミルクの割合を微調整したり、砂糖を加えたりして好みの味を探してくださいね。

コルタードの味

続いてコルタードの味ですが、エスプレッソに少量のミルクが加わることで、濃厚なコーヒーの味わいが少しまろやかになります。エスプレッソはコーヒーの成分がぎゅっと濃縮されたようなインパクトのある味わいで、ミルクが入ることでまろやかさが加わり飲みやすいと感じる人が多いようです。

コーヒーにミルクを加える飲み方は他にもたくさんありますが、例えばカフェラテなどに比べてミルクの量が少ないので、コーヒーらしい酸味やコクもしっかりと感じられます。

コルタードのポイントはミルクの温度

コルタードを含めたスペインでのコーヒーの飲み方では、ミルクの温度が重要なようです。スペインではコーヒーをオーダーする時に、自分好みの味わいを楽しむためカップやミルクの量、そしてミルクの温度まで指定します。

多くの人がオーダーするミルクは、温かいスチームドミルクや常温のようです。熱いのが好みで、熱いスチームドミルクを選ぶ人もいる一方で、熱したミルクは本来の風味が消えてしまうため、常温にこだわるコーヒーショップも。そのためスペイン人のミルク温度への強いこだわりがうかがえます。

自宅でコルタードを作る時もミルクの温度にこだわり、また温度の違いによる風味の違いも試して好きな味を探すと良いでしょう。

3.コルタードと他のコーヒーの違い

スペインではメジャーなコルタードを紹介しましたが、エスプレッソ+ミルクと言えばカフェラテなど他にもたくさん種類があります。コルタードとはどのような違いがあるのか見ていきましょう。

カプチーノとの違い

基本的な作り方は同じである、コルタードとカプチーノ。その二つをわけるのが、ミルクの種類と量です。カプチーノを作る際はスチームドミルクの他に、ふわふわとした泡の状態のフォームドミルクを使用します。

比率は、エスプレッソ:スチームドミルク:フォームドミルク=1:1:1程度です。必然的にミルクの量が多くなるので、コルタードとは味わいが変わってよりまろやかになります。

カフェマキアートとの違い

カフェマキアートはカプチーノとよく似ていますが、こちらもミルクの種類と量が異なり、エスプレッソにフォームドミルクを加えて作ります。

使用するミルクの量は少量です。マキアートには染みという意味があり、エスプレッソに垂らした少量のミルクがまるで染みのように見えることが名前の由来とされています。そのミルク量はコルタードよりも少なく、味わいもエスプレッソらしい濃厚さがしっかりと感じられます。

カフェラテとの違い

エスプレッソに、たっぷりのスチームドミルクを注いで作るのがカフェラテです。割合は、エスプレッソ:ミルク=2:8程度と、ミルクの量がとても多いですよ。

ミルク量が多いので非常にまろやかで飲みやすく、色もクリーム色をしています。

4.世界にはコルタードと似たコーヒーがいっぱい

コルタードとよく似た飲み物が世界にはたくさんあります。国ごとにコーヒーの呼び方が違うこともあり、種類は数え切れません。中でもチェックしておきたい2つを紹介します。

カフェ・コン・レチェ

コルタードと同じく、スペインのコーヒーの飲み方である、カフェ・コン・レチェ。エスプレッソに温めたミルクを加えて作ります。作り方自体はコルタードと同じですが、使用するミルク量が違うことで味わいも大きく違います。

エスプレッソとミルクの比率は1:1程度です。ミルクの量が多いのでまろやかな口当たりになり、スペインのカフェオレとも呼ばれます。スペイン人は朝食時に好んで飲むようです。

フラットホワイト

ここまで、エスプレッソに加えるミルクの量によって呼び方が変わるコーヒーの飲み方を紹介しました。フラットホワイトは、そのミルクの量に決まりがないコーヒーのことです。エスプレッソにスチームドミルクを加えて作るので、作り方はコルタードと同じ。

とは言え、大まかなミルク量の目安はあり、コルタードよりはミルク量が多く、カフェラテよりはミルク量が少ないものが、一般的にフラットホワイトに該当します。コルタードだと少しエスプレッソが濃いなと感じる人におすすめです。

5.自宅で気軽にコルタードを楽しもう

スペインでよく飲まれているコルタード。ミルクの量や温度に少しこだわることで、いつも楽しんでいるコーヒーとはまた違う味わいになります。似ている他のコーヒーと飲み比べするのもおすすめです。自宅でも気軽にコルタードを楽しんでみましょう。

【おすすめ記事】

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

コーヒーコラムトップへ戻る

コーヒーサミットオンライン