コスタリカコーヒーの風味特性や美味しい飲み方。現地の栽培方法なども紹介

コスタリカはアラビカ種のみの栽培が許可されている国です。この記事では、コスタリカという国の紹介、コスタリカコーヒーの歴史や風味、栽培方法や製法、代表的な産地、美味しい飲み方などを解説しています。コスタリカコーヒーのことやコスタリカコーヒーの美味しい飲み方を知りたい方は、ぜひご覧ください。

1.良質なコーヒー豆を産出しているコスタリカ

まずはコスタリカのことや、コスタリカコーヒーの歴史と風味について解説します。

コスタリカとは

コスタリカ共和国は中央アメリカの南部に位置しており、メキシコの少し下にあります。人口は499万人、国土は5万㎢です。コスタリカという国名は「豊かな海岸」という意味のスペイン語から名付けられました。

コスタリカはカリブ海と太平洋に面しており、国土を横断する火山帯によって、標高差のある地形が作られています。また熱帯雨林が国土の40%以上を占めており、コーヒーの木を栽培するのに、適した環境です。

コスタリカコーヒーの歴史

コスタリカは、中央アメリカで最初にコーヒーの木の栽培を行った国といわれています。18世紀頃キューバからコーヒー豆が持ち込まれたのがきっかけとなり、コスタリカ国中にコーヒー産業が広がりました。その後もコスタリカのコーヒー産業はどんどん拡大していき、19世紀の初め頃には、他国へ輸出できるまでの生産量に。

こうしたコスタリカのコーヒー豆の安定した供給と、ブランドや品質を守る目的として1933年にコスタリカコーヒー協会(CICAFE)が設立されました。コスタリカコーヒー協会は、生産者への技術的な指導や生産・輸出の管理、環境破壊対策などを行っています。

1988年になると、コスタリカの政府はアラビカ種以外のコーヒー豆の生産を禁止する法律を制定。コスタリカのアラビカ種のみの生産は、現在も続いています。コスタリカで生産されるコーヒー豆のおよそ半分は、スペシャルティコーヒーとして取引されており、その生産性は他国をけん引するほど優れているといえるでしょう。

コスタリカコーヒーの風味

コスタリカのコーヒーは、豊かな酸味が特長です。苦味は控えめで、濃厚な甘味と深いコクを味わえます。絶妙なバランスの取れたコーヒーです。

2.コスタリカコーヒーの栽培方法

コスタリカには、コーヒーの栽培に最適な環境や気候が揃っています。コスタリカの栽培方法について解説します。

高い標高

コスタリカのコーヒーの木の75%が、標高1,000m~1,700mの高地で栽培されています。標高が高いと、日中と夜間の温度差が激しく、コーヒーの実が膨らんだり、縮まったりする動きを繰り返します。この動きによって生豆が引き締まり、美味しいコーヒーになるのです。

雨季と乾季と日照量

コスタリカは雨季と乾季がはっきりとしていて、コーヒーの木を栽培するのに適した気候です。またコスタリカは赤道のほぼ真下に位置しており、安定した日射量があります。しかし日照量が多ければ良いというわけではありません。

日照量の多いコスタリカでは、コーヒーの木に日陰を与えられるように、シェードツリーを活用しています。シェードツリーとは、コーヒーの木の横に植え、必要以上の日照量を抑える役割を持った木のこと。

シェードツリーには、土壌の変色を防いだり、落ち葉や枯枝が、コーヒーの木の天然の有機物になるといった効果もあります。

火山灰性の土壌

コスタリカには火山帯があります。この火山帯の火山灰によって、土壌が豊かになり、品質の良い生豆を生産できるのです。火山灰を含んだ土壌には、豊富なミネラルがあり、コーヒーの木の栽培に適した栄養分が含まれています。

また保水力もあり、コーヒーの木への酸素供給をサポート。火山灰性の土壌は、コスタリカコーヒーの木の栽培の土台といえるでしょう。

3.コスタリカコーヒーの生産地域と精製方法

コスタリカコーヒーは、生産地域によってコーヒーの風味が異なります。また独自の製法により、世界に認められるコーヒー豆を生産。生産地域のことや精製方法について解説します。

7つの主要生産地域

スタリカでは、7つの地域でコーヒーの木の栽培、コーヒー豆の生産が行われています。地域によって気候や環境が異なるため、コーヒーの風味も変わります。また農園によって異なりますが、一般的に1,200m以上の高地では香りと酸味が印象的なコーヒー(カトゥーラ種)を栽培。標高1,000m以下の地域では、口当たりの軽いコーヒー(カトゥアイ種)を栽培していることが多いです。

コスタリカでは、年間7万6,000トンほどコーヒー豆を生産しており、その量は世界で20位以内に入ります。コスタリカのコーヒー農家は8万件以上あるといわれていますが、その9割ほどが5ヘクタール未満の小規模農園です。しかし小規模だからこそ、コーヒーの木1本1本を丁寧に扱うことができ、それによって質の良い生豆ができ上がっています。

独自の精製方法

コスタリカでは「ハニープロセス」という独自の精製方法を取り入れています。通常はコーヒーの実から外皮と果肉を取り除き、ミューシレージという粘液質も取り除いて生豆を乾燥させますが、ハニープロセスではミューシレージをある程度残したまま乾燥。これにより、ミューシレージに含まれている糖分が生豆に濃縮され、より美味しい生豆に仕上がります。

コスタリカでは、ミューシレージをどの程度残すかによって名称を使い分けています。ホワイトハニーになるほど、精製が難しいです。

・ブラックハニー:除去なし
・レッドハニー:20~25%除去
・イエローハニー:50%程度除去
・ゴールデンハニー:75~80%除去
・ホワイトハニー:90%程度除去

ハニープロセスには、発酵のしすぎや欠点豆が混入しやすくなるといったリスクもあります。このようなリスクを減らせるように、農園ごとに工夫や調整が行われています。コスタリカは、このような取り組みをすることで、質の良いコーヒー豆を生産し続けているのです。

4.コスタリカコーヒーのおすすめの飲み方

コスタリカのコーヒー豆は、酸味と苦味をバランスよく楽しめる中煎りがおすすめです。お湯の温度は85℃前後が良いでしょう。コーヒー豆をほんの少し多めにして、濃く抽出すると、風味も楽しますよ。

コスタリカコーヒーは、抽出のやり方でも風味が変わります。口当たりの軽いコーヒーを楽しみたい人はペーパードリップがおすすめです。まったりとした口当たりと、コスタリカの濃厚な甘味を楽しみたい人はネルドリップで抽出してみてください。

またフレンチプレスで抽出すると、コスタリカコーヒーのバランスの取れた風味をダイレクトに感じられます。コスタリカコーヒーはミルクとも好相性。コスタリカコーヒーにミルクをくわえると、マイルドになり、コスタリカコーヒーの甘味をより楽しめます。

5.コスタリカコーヒーを楽しもう

コスタリカコーヒーのことを知ると、よりコスタリカコーヒーを楽しめます。コスタリカコーヒーは、生産地域によって風味が違うので、それぞれの地域のコーヒーを飲み比べてみるのも良いでしょう。今回紹介した飲み方を参考に、コスタリカコーヒーを楽しんでみてください。

【おすすめ記事】

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

コーヒーコラムトップへ戻る

珈琲人名鑑