抹茶×コーヒーの相性は?おすすめのコーヒー豆や簡単レシピを紹介

抹茶とコーヒーは、実は相性が良い組み合わせ。味わいの異なる別々の飲み物ですが、合わさることで深みのある特有の味が生まれます。この記事では、抹茶とコーヒーの相性や合わせる時におすすめのコーヒー豆、さらに簡単に作れる基本のレシピを紹介します。アレンジレシピも紹介しますので、ぜひご自宅で試してみてくださいね。

1.抹茶とコーヒーの組み合わせ

抹茶とコーヒーはそれぞれ別の特長を持っていますが、実は相性の良い組み合わせといわれています。ここでは、抹茶とコーヒーが合う理由、抹茶と合わせるのにおすすめのコーヒー豆を紹介します。

抹茶とコーヒーが相性の良い理由

日本伝統の飲み物である抹茶と、西洋から伝来したコーヒーは、一見まったくジャンルの異なる相いれない飲み物に思われますが、好相性とされています。その理由の一つと考えられるのが、甘味と苦味のバランス。両方を兼ね備え、原料や淹れ方により甘味と苦味のバランスが変化する点は、抹茶とコーヒーの共通点です。それらを合わせることで甘味と苦味により深みが増し、それぞれの特長を引き出してオリジナルの味わいが生まれるといえるでしょう。

この組み合わせは、カフェで抹茶ラテなどのメニューで見かけるほか、大手メーカーの缶飲料としても発売されています。

抹茶とおすすめのコーヒー豆

抹茶と合わせるなら、苦味と酸味のバランスが良く、深いコクのあるコーヒー豆がおすすめです。バランスが良いコーヒー豆には、ブラジルやコロンビアなどがあげられます。

コーヒーの淹れ方は特に選ばず、ドリップパックコーヒーでも作ることができます。淹れたてのコーヒーに抹茶をプラスして美味しくいただきましょう。

2.抹茶コーヒーの基本レシピ

抹茶コーヒーの作り方はとても簡単で、抹茶とコーヒーを混ぜるだけでできます。材料や基本の作り方をチェックしましょう。苦味が強い時の対処法も一緒に紹介します。

材料

材料は次の通り。とてもシンプルです。

・ホットコーヒー
・抹茶または抹茶パウダー
・砂糖(お好みで)

抹茶は緑茶の一種で、碾茶(てんちゃ)を石臼で粉末に挽いたものです。碾茶は、摘み取る前の一定期間、太陽の光が当たらないようにすることにより、甘味が増すとされています。一方、お菓子作りなどによく使われる抹茶パウダーは、茶葉を粉砕したものです。抹茶に比べて苦味を感じやすいのが特長です。抹茶と抹茶パウダーは味が異なりますので、好みに合わせて使い分けると良いでしょう。

基本の作り方

作り方も簡単です。カップに抹茶または抹茶パウダーを入れ、そこにドリップコーヒーを注ぎ、かき混ぜたら完成です。抹茶に比べて抹茶パウダーは溶けにくいので、よくかき混ぜましょう。ドリップコーヒーを注ぐ前に、少量の熱湯で抹茶パウダーを溶いておくと、コーヒーに溶けやすくなりますよ。

抹茶パウダーを使った時は、特に苦みを感じやすいかもしれません。好みの量の砂糖をくわえて、甘さを調節してください。また、ミルクや豆乳などをくわえることで、まろやかさが増して苦みが抑えられますよ。

さらに一工夫

たっぷりのミルクを使えば、抹茶コーヒーラテが作れます。あらかじめホットミルクを作っておくと、コーヒーの温度を下げずに作れますよ。抹茶とコーヒーのコクのある旨味を感じつつ、やわらかい口当たりに。和菓子などにもよく合う味わいです。

3.抹茶コーヒーのアレンジレシピ

さらに工夫をすることで、抹茶コーヒーが美味しいスイーツへと変化します。ここでは、簡単に作れる抹茶コーヒーのアレンジレシピを紹介します。

抹茶コーヒーゼリー

ゼラチンを使えば、抹茶とコーヒーのハーモニーをそのままコーヒーゼリーにできます。作り方は、熱湯でゼラチンのパウダーを溶かし、ドリップコーヒーと抹茶をくわえて混ぜるだけ。お好みで砂糖も入れると良いでしょう。材料をしっかりと混ぜ、容器に注いで冷蔵庫で冷やし固めます。

さらに生クリームやアイスなどをトッピングすれば、目でも楽しめる華やかなスイーツの完成です。抹茶の粉末をふりかけて和スイーツのようにするのもおしゃれですね。

抹茶ダルゴナコーヒー

ダルゴナコーヒーは、韓国初のコーヒーを使ったドリンクです。ミルクの上に、泡立てたコーヒークリームを乗せて作ります。上に載せるコーヒークリームを抹茶コーヒーにすることで抹茶ダルゴナコーヒーになりますよ。

作り方は、少し濃い目のドリップコーヒーに砂糖と抹茶をくわえ、かき混ぜます。角が立つくらいまでクリーム状にするのですが、うまく泡立たない場合があるかもしれません。

泡立ちは、コーヒーに含まれるタンパク質や脂質が空気を抱き込むことでできるのですが、抹茶はコーヒーに比べてタンパク質や脂質が少ないのです。生クリームやメレンゲを混ぜることで、クリームの泡立ちを助けてくれます。抹茶や砂糖を入れる時に一緒に入れましょう。

4.抹茶コーヒーで新しい味わいを楽しもう

抹茶とコーヒーは相性がよく、混ぜるだけで簡単に新しい味わいを楽しむことができます。和と洋の融合とも言える抹茶コーヒーは、日本だからこそ気軽に試せる組み合わせですね。コーヒーの可能性が広がる抹茶コーヒーをぜひ自宅でも作ってみてください。

【おすすめ記事】

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

コーヒーコラムトップへ戻る

コーヒーサミットオンライン