気分や体調に合わせて選ぶ!おすすめのコーヒーを紹介

コーヒーとコーヒー豆

コーヒーの香りに包まれると、ほっと一息つけたり、気持ちが癒されると感じる人も多いのではないでしょうか?そのほかにも、集中力をあげたいときなどプライベートだけでなくビジネスシーンでの登場も多いかと思います。
今日はそんな魅力たっぷりなコーヒーを、カフェや喫茶店だけでなく自宅でも楽しめる方法をお伝えしていきます。
コーヒー選びのポイントや自宅で美味しく淹れられるコツなど、特別な道具を揃えなくてもどれもすぐに実践しやすい内容となっているのでぜひ読み進めていってくださいね。

1.自分の好みのコーヒーを見つけられるおすすめの選び方

いろいろなコーヒー豆

お店に行ってコーヒー豆を選ぶとき、同じコーヒー豆でもロースト度合い(焙煎)によってコーヒーの味は大きく変化します。このようにさまざまな味の違いを楽しめるのもコーヒーの魅力のひとつです。

そこで、コーヒーのロースト度合いあらわす「深煎り・中煎り・浅煎り」についてひとつずつ解説していきます。それぞれの味の違いやコーヒー豆の特徴など、コーヒー選びの参考にしてみてくださいね。

1-1.コクのある飲み応えと香りを楽しみたい人は:深煎り

深煎りコーヒーの味の大きな特徴は「苦味」です。コーヒー豆をしっかりと煎っていくので、深みとコクのあるビターな味わいになります。また、深煎りしたコーヒー豆は濃い茶色〜黒色でツヤツヤとした見た目が特徴的です。

苦味が少ないコーヒー豆を深煎りにすると少しほろ苦さが増したビターな味わいに、苦味が特徴のコーヒー豆を深煎りにすると、さらに苦みが増して深くて濃い味になります。

コーヒーの酸味が苦手な方は、深煎りのコーヒーを選ぶことである程度は酸味の出方をコントロールでき、飲みやすく感じられますよ。

1-2.酸味と苦味のバランスを楽しみたい人は:中煎り

中煎りコーヒーの味の大きな特徴は「酸味と苦味のバランスの良さ」です。

コーヒー豆は浅く煎るほど酸味が強く、深く煎るほど酸味が減って苦味が強く出ます。そのため中煎りは、酸味と苦味の両方のバランスがとれていて、コーヒー豆本来の香りや味が感じやすいのが特徴です。また、市販のレギュラーコーヒーなど一般的に広く飲まれているのも中煎りタイプが多いです。

コーヒー豆は深煎りに比べると、やや色が明るく、固さがあるのが中煎りの特徴です。

1-3.酸味のあるすっきりした味わいが好きな人は:浅煎り

浅煎りコーヒーの味の大きな特徴は「酸味」です。果物のような爽やかでフルーティーな味を楽しむことができます。

酸味というと、「ツーンとするような酸っぱさ」を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、それはコーヒー豆が劣化しておきてしまった酸味です。コーヒー豆が持つ本来の酸味とは、豆の個性が活きた軽くて爽やかな味や香りのことを指します。

浅煎りのコーヒー豆は、ロースト時間が短いため色は薄く、豆自体に水分が残っており重くて固いのが特徴的です。

2.おすすめのコーヒーの飲み合わせと食べ合わせ

コーヒーとチョコレートケーキ

コーヒーだけで飲むのも、もちろん美味しいですが、ちょっとしたアレンジを加えるだけでもまた新しいコーヒーの魅力に出会えます。ここではおすすめのコーヒーの飲み合わせや食べ合わせについてご紹介していきます。

2-1.朝の目覚めの一杯には”深煎り”タイプでスッキリと

一口飲むとガツンとくる深煎りコーヒーは朝のスタートや身体をシャキッとしたいとき、集中力をあげたいときにオススメの一杯です。

あえて濃い目に抽出してコクを活かしたカフェオレにしたり、甘いホイップクリームを浮かべたウインナコーヒーにしても、コーヒーの苦みとホイップクリームの甘みの絶妙なギャップを楽しめます。

また、深煎りコーヒーの苦味とコクを活かしてチョコレートとの食べ合わせも相性抜群です。

2-2.料理にもぴったりな幅広い味わいを楽しめる”中煎り”

中煎りはブラックコーヒーでコーヒー豆本来の味や香りを存分に味わえることはもちろん、お砂糖やミルクだけでなく、キャラメル・はちみつ・シナモンシュガーなどを足してさまざまなテイストとも相性の良いバランスのとれた一杯です。

そのほかにもカレーやシチュー、ミートソースの隠し味として少しコーヒーの粉を加えると味に深みが増していつもの料理がワンランクアップします。しかも、全体の味がしまってさらに美味しくなるのでぜひ色々試してみてくださいね。

2-3.さっぱりした味わいの”浅煎り”はスイーツにもマッチ

苦いのがあまり得意ではない人や、量や回数をたくさん飲みたいときには軽やかな味わいの浅煎りタイプがオススメです。

酸味のある軽い飲み心地なので、甘酸っぱさがあるフルーツケーキや焼き菓子との相性もピッタリ。そのほかにも、少し重ためのチーズやクリームでも浅煎りコーヒーを挟むことで、口の中をさっぱりとリセットしながらより美味しくいただけます。

3.おいしいコーヒーを淹れるためにおすすめする3つのコツ

ドリップされているコーヒー

自宅でも美味しいコーヒーを淹れられたら、今よりもコーヒータイムがもっと豊かになりそうですよね。淹れている過程も楽しみながらコーヒーを味わっていくと、また新たなコーヒーの魅力や面白さと出会えるかもしれません。

そこで、ちょっとしたことを意識するだけで今飲んでいるコーヒーが一味も二味もアップするコツをまとめました。特別な道具などはいらず、どれもすぐにできることばかりなのでぜひ試してみてください。

3-1.おいしいコーヒーを淹れるコツ1:カップを温める

冷たいカップに温かいコーヒーを注いでしまうと、コーヒーの温度が急激に下がり香りや風味が損なわれてしまいます。

これはコーヒーに限らず、ラーメンなども食器を温めておいた方が最後まで美味しく食べられますよね。それと同じことです。

コーヒーの味や香りを損ねないためにも、コーヒー用のお湯をいつもより少し多めに沸かしてカップを温めておきましょう。そうするだけで飲み終わる最後までコーヒーの香りや味を持続させることができますよ。

3-2.おいしいコーヒーを淹れるコツ2:水

コーヒーの味を決める大きな要因のひとつが「水」です。水道水やミネラルウォーターなど、使用する水によってコーヒーの味が変わってきます。

好みは人それぞれですが、「軟水」で淹れるとコーヒーそのものの特徴が出やすくマイルドな味わいに、「硬水」の場合は苦味が強くなる傾向が多いです。

ちなみに日本の水道水も軟水ですが、水道水を使用するときは新鮮なお水を使うことをおすすめします。

朝一番、最初に蛇口から出るお水は使わないようにしたり、水道管が古くなっていると水の中に鉄分が流れ出て味を損ねてしまう原因となるので、水道水を使用する際はこれらの点に注意をしてください。

3-3.おいしいコーヒーを淹れるコツ3:丁寧に抽出

ドリップコーヒーはストレートに味が抽出されるので、淹れ方1つで様々な味に変化します。お湯を注ぐ際には、コーヒーの粉が溢れないようにゆっくりと2〜4回に分けて丁寧に淹れていきましょう。

1回のお湯の量を多く注いでしまうと、出来上がりのスピードは早くなるものの、コーヒーの粉とお湯が混ざる時間が短くなるのでコクのない薄い味になってしまいます。

1回のお湯の量を少なく数回に分けてじっくりと注ぐことで、コーヒー豆の個性を活かしたコクのある味わいに仕上がります。

4.今よりももっとコーヒータイムを楽しもう

コーヒーカップを掲げる人

コーヒーは日常の生活にホッと一息をつかせてくれる、知れば知るほど世界が広がっていく魅力たっぷりな飲み物です。

「深煎り・中煎り・浅煎り」で自分好みの味や、相性の良い組み合わせなどを見つけて、ぜひ色々と楽しんでみてくださいね。

また、温度や水を少し意識するだけでも今までよりおいしいコーヒーを自宅で味わえます。あなたのコーヒータイムが今までよりも豊かなものになれば嬉しいです。コーヒーの上質で芳醇な香りとともにリラックスタイムを楽しんでいきましょう!

【おすすめ記事】

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

コーヒーコラムトップへ戻る

珈琲人名鑑