スイーツ以外にも。コーヒーと食べ合わせの良い意外なメニューとは?

コーヒーと食べ合わせの良い食べ物といえばクッキーやチョコレートなどが思い浮かびますが、実は他にも意外と美味しい食べ合わせメニューが豊富です。食べ合わせの種類を知れば、コーヒーを飲むタイミングなど楽しみ方が一層広がるでしょう。この記事では、コーヒーとの食べ合わせの良い食べ物について、定番から驚きのメニューまで紹介します。

1.コーヒーのおすすめの食べ合わせ①お菓子

コーヒーとの食べ合わせの王道は、やはりお菓子と考える人も多いかもしれません。両方をしっかりと美味しく味わえる、おすすめの食べ合わせをチェックしましょう。

ケーキ・タルト

ケーキやタルトは、食材や味に合わせてコーヒーの焙煎度を選びましょう。豆本来の豊かな酸味が広がる浅煎りのコーヒーは、同じく酸味の効いた爽やかな味わいのケーキなどを合わせるのがおすすめ。互いの風味を邪魔し合うことなく、より深めてくれます。

反対に、チョコレートケーキなどの甘くて濃厚な味わいのケーキには、中煎り~深煎りのコーヒーと合わせるのがおすすめです。その他、チーズケーキ、アップルパイ、レモンパイなどもコーヒーにぴったりです。

クッキー・シュークリーム

バターや卵をたっぷりと使い、スイートな味わいを楽しむクッキーやシュークリームには、深煎りのコーヒーが良く合います。深煎りコーヒーは、独特の苦味や深いコクが特長です。甘いクッキーなどを一緒に食べればまろやかさがプラスされ、やさしいテイストに。シュークリームやエクレアなどもおすすめです。

和菓子

日本の伝統的なスイーツである和菓子は、お茶だけでなくコーヒーとも相性抜群。合わせるコーヒー焙煎度の基準は、先に紹介した洋菓子と同じです。クリアな飲み口が魅力の浅煎りコーヒーには、あっさりとした味わいのどら焼きやくずきりのような和菓子を、苦みが際立つ深煎りには、甘くて濃厚な味わいの羊羹や栗きんとんを合わせると良いでしょう。

2.コーヒーとおすすめの食べ合わせ②フルーツ

食後のデザートにはコーヒーにフルーツを合わせる人も多いでしょう。続いては、コーヒーと一緒に食べるのにおすすめのフルーツを紹介します。

バナナ

フルーツの中でも特にコーヒーとの食べ合わせが良いとされるのが、バナナです。腹持ちの良い食材なので、忙しい時のご飯にもおすすめ。別々ではなく、コーヒーとバナナをミックスする味わい方もあります。アイスコーヒーとバナナ、そして氷とミルクをミキサーで混ぜれば、簡単にコーヒーバナナシェイクの完成です。

いちご・オレンジ

軽やかな酸っぱさとほんのりとした甘さのハーモニーが魅力のフルーツ、いちごやオレンジなどには、クリーンタイプの中煎りコーヒーが好相性です。酸味がきりっとした浅煎り~中煎りも良く合い、フルーティなテイストにマッチします。

マンゴー

マンゴーのように、果実の持つ芳醇な甘みがとろけ出すフルーツは、フルーティな香りのコーヒーと好相性です。トロピカルフレーバー系のコーヒーと合わせると良いでしょう。

ドライフルーツ

ビールやワインのおつまみとしても登場するドライフルーツ。いろいろなフルーツが使われていますので、味も甘いものから酸っぱいものまでさまざまです。合わせるコーヒーは酸味と甘みのバランスがちょうど良くなるものを選びましょう。例えば、甘いドライレッドメロンには酸味が強めのコーヒーを、酸っぱさを感じるキウイにはコクのあるコーヒーをというように合わせます。

3.コーヒーとおすすめの食べ合わせ③肉料理

濃い味つけが多い肉料理も、コーヒーとよく合います。塩気や油分など、肉料理の味つけに合わせて選ぶのがポイント。ここでは2つのメニューを紹介します。

生ハム

程よい塩気とぎゅっと詰まった旨味が魅力の生ハム。燻製をして作る生ハムは特有の香りも魅力ですので、合わせるコーヒーも香りが豊かでフルーティなものがおすすめです。香りが強く酸味も感じられるモカコーヒーなどが良いでしょう。浅煎り~中煎りがマッチします。

カツサンド

ガツンと重めの肉メニューであるカツサンド。ジューシーなフライをサンドしており、お肉やソースの濃厚な味わいが魅力です。同じく濃厚なコクと苦味が魅力のコーヒーを合わせると良いでしょう。しっかりとしたボディと風味が特長のケニア産コーヒーなどが良く合います。焙煎度は深煎りがおすすめです。

4.コーヒーとおすすめの食べ合わせ④魚料理

和食メニューが多いイメージの魚料理も、意外とコーヒーに合い、都内のレストランが日本料理とコーヒーのペアリングイベントを開催するなどしています。魚特有の青臭さを、コーヒーが打ち消すといった効果もあるようです。魚料理とコーヒーの良い食べ合わせを紹介します。

しめさば

酢じめの魚料理の代表格とも言えるしめさば。酢酸と青魚の風味が混ざり合う特有の味わいを持っています。そんなしめさばには、柑橘系の爽やかな香りが漂うコーヒーが好相性です。柑橘系のフルーティな香りが青魚の臭みをちょうどよくカットしてくれます。

鮭のムニエル

鮭のムニエルは、家庭で手軽に作れる洋食の魚料理です。こちらには、酸味をしっかりと感じつつコクのある中煎りのコーヒーを合わせると良いでしょう。ムニエルは調理にバターを使用し、鮭本来の脂身もあいまって少々こってりとした味わいです。そんなムニエルの濃いめの味を、中煎りコーヒーがさっぱりとした後味へと変えてくれます。

5.コーヒーとおすすめの食べ合わせ⑤チーズ

コーヒーとチーズは知る人ぞ知る好相性の組み合わせです。さまざまなチーズと相性が良いですが、ここでは手に入りやすいクリームチーズやカビチーズとコーヒーとの食べ合わせの相性を解説します。

クリームチーズ

滑らかな口当たりのクリームチーズは、ミルクのようなやわらかな風味がコーヒーによく合います。クリームチーズにもいろいろ種類がありますが、なかでも脂肪分が多めなマスカルポーネやブルサンなどが、コーヒーと好相性です。

カビチーズ

ゴルゴンゾーラをはじめとするカビチーズとも、コーヒーは相性抜群です。白カビチーズ、青カビチーズ全般とよく合います。カマンベールチーズは白カビチーズの定番ですが、こちらもコーヒーと好相性。鼻に抜けるカマンベールとコーヒーの香りを楽しみましょう。

6.コーヒーとランチメニューの食べ合わせ

ランチの後にコーヒーを飲む人は多いですが、食事中でも合うメニューもあります。ここではコーヒーと相性の良い人気のランチメニューを紹介します。

おにぎり

和食ランチの定番であるおにぎりには、浅煎りの水出しコーヒーがおすすめです。和食と一緒に飲む飲み物はお茶が定番ですが、浅煎りの水出しであれば麦茶のようなすっきりさでごくごくと飲めます。お米+コーヒーの新感覚を楽しんでみてください。

ナポリタン

喫茶店の王道メニューのナポリタンは、もちもち食感と甘めのソースが特長です。合わせるコーヒーは、香りよりも味がしっかりとした中煎り~深煎りがおすすめ。そのほか、パスタメニューに合わせるコーヒーを選ぶ際は、フレーバーが似ているかどうかをポイントにしましょう。

カレー

スパイスを多く使用し、香りと味が複雑に絡みあうカレーには、同じくスパイスのフレーバーのコーヒーを。カレーに使われているスパイスをヒントに、似たフレーバーコーヒーを探すのがおすすめです。飲み心地すっきりのアイスコーヒーもカレーには相性が良いです。

具だくさんサラダ

ヘルシーな食事を意識して、ランチにサラダを食べる人も少なくないようです。サラダに合わせるコーヒーは、ドレッシングやソースに合わせて選びます。オイル系には浅煎り、クリーム系には深煎りがおすすめ。カロリーを抑えつつ午後からもしっかり動くためにも、チキン入りのコブサラダやエビとアボガドのサラダ、チョップドサラダなど具材たっぷりのサラダを選んでみましょう。

7.コーヒーと好相性のメニューでより美味しいコーヒータイム

コーヒーの魅力は、コーヒー豆の種類や焙煎方法、度合いによって味わいが変化するところにもあります。スイーツや食事と合わせる時にも、その変化が食べ合わせの面白さを高めてくれるでしょう。紹介した食べ合わせのほかにも好相性のメニューを探して、より奥深いコーヒータイムを楽しんでくださいね。

【おすすめ記事】

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

コーヒーコラムトップへ戻る

コーヒーサミットオンライン